文字サイズ
自治体の皆さまへ

上島町の未来のために「空き家」をつなごう!

10/24

愛媛県上島町

上島町では、町に住み続けていただく「定住促進」のため、町を好きになり住んでみたい方への「移住促進」のために、空き家・空き地バンク制度を実施しています。
現在、上島町に住み続けたい、住んでみたいといった方から、空き家紹介のご希望を多くいただいていますが、登録物件が少なく、ご希望にお応えできない状況です。空き家・空き地バンクへの登録をぜひ、ご検討ください。

■空き家・空き地バンクミニコラム(11)
◇土地基本法の改正について
国が土地についての基本理念を定めた「土地基本法」が、令和2年に改正されました。前号(令和4年4月号)でお伝えした「相続登記の義務化」も、改正「土地基本法」の理念に沿った施策です。
「土地基本法」は、平成元年(1989年)に成立しました。当時は、地価上昇が著しいバブル景気の真っ只中。そのため基本法では、投機的な土地取引を抑制し、公共の福祉を優先することが目指されていました。
それから30年以上が経ち、令和の時代に入りました。人口減少には歯止めがかからず、所有者不明の土地や、管理されずに放置される空き家や空き地が増加しています。改正「土地基本法」は、空き地や空き家の発生を抑制するため、土地所有者に土地の適正な管理を求めています。また国や自治体に土地の適正な利用や管理に関する施策や取組を求め、土地所有者は国や自治体の取り組みに協力しなければならないと定めています。
具体的な施策として、「相続登記の義務化」の他に、土地を手放すことのできる制度の創設や、所有者不明の土地を管理し利用できるようにすることなどが計画されています。

問合せ:空き家・移住定住ワンストップ窓口
弓削総合支所2階
相談専用ダイヤル【電話】0897-77-2501

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU