文字サイズ
自治体の皆さまへ

健康だより

1/24

愛媛県上島町

■予防しよう誤嚥性肺炎
◆嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)とは
本来、食べ物や唾液は、食道を通り胃へと運ばれていきます。しかし、食べ物や唾液が、食道ではなく、空気の通り道である気管や肺に、誤って入り込んでしまう誤嚥ということがあります。誤嚥性肺炎は、この誤嚥により、口の中の細菌が食べ物や唾液と一緒に気管支や肺に入り込むことで起こる肺炎です。
誤嚥の主な原因は、舌や喉の筋力の低下など、嚥下力(えんげりょく)(飲み込む力)の低下です。嚥下力は、加齢とともに低下しやすく脳梗塞後遺症、パーキンソン病などの病気でも低下します。また、誤嚥した際に、異物を外へ吐き出すための咳をする力も加齢とともに低下してきます。
そのため、誤嚥性肺炎は、高齢者がかかる割合がとても高く、死亡原因の上位にあげられます。また、誤嚥の中には、むせたり、咳込んだりすることなく、寝ている間に、気づかず肺に入り込んでしまう不顕性誤嚥というものもあり、注意が必要です。しかし、誤嚥性肺炎は予防できますので、生活の中で予防対策を実践していくことが大切です。

◆誤嚥性肺炎の症状
一般的には、「発熱」「咳や粘りのある痰」「息苦しさ」などの症状があります。しかし、高齢者の場合、症状が現れにくく、一見、肺炎とは関係のない症状として出ることもあり、注意が必要です。

▽高齢者に起きやすい症状
・熱が出ない、または微熱が続く
・咳や痰があまりでない
・何となく元気がない
・食欲がない
・ぼ―っとする
・口の中に食べ物を貯め込み、飲み込まない など

◆嚥下力(えんげりょく)を確認しよう
次に当てはまる項目がたくさんあれば、嚥下力が低下している可能があります。
・食事やお茶を飲む時に、よくむせる
・固い物が食べにくくなった
・口の中に食べ物が残る
・口からよくこぼす
・食べ物がのどに詰まった感じがする
・咳ばらいが増えた
・喉がゴロゴロと鳴る
・最近、体重が減ってきた

◆誤嚥性肺炎を予防するポイント
(1)飲込む力をアップする
舌と口の筋力を鍛える体操を毎日行い、誤嚥を防ぐことが必要です。
・口を閉じ、頬を膨らませたり、すぼめたりする
・口を大きく開け、舌を出したり、引っ込めたりする。舌を出して、左右に動かす
・「あ~・い~・う~」と声を出しながら、大きく口を動かす
・「パタカラ」とはっきり発音し、3回繰り返す

(2)お口をケアし、清潔を保つ
唾液に含まれる細菌やウイルスが肺に入り込むことで発症します。そのため、口の中は清潔に保ち、細菌の量を減らすことが大切です。
・起床したら、口をすすぐ
・食後、寝る前の歯磨きを丁寧に
・義歯は、外して丁寧に洗う
・唾液分泌を促す

(3)食べる姿勢を整える
食事の際は、誤嚥しにくい姿勢を保ちましょう。
・顎を引き、椅子に深く腰掛け、背筋を伸ばす。踵は床につける
・食後2時間は座って過ごし、胃液の逆流を防ぐ

(4)体の免疫力を上げる
体全体の免疫力が低下すれば、細菌などへの抵抗力も低下し、肺炎を引き起こしやすくなります。病気に対する抵抗力を高める生活習慣が大切です。
・バランスのよい食生活
・適度な運動で、体力をつける
・質のよい睡眠をとる

問合せ:
・生名支所健康推進課【電話】74‒0911
・魚島保健福祉センター【電話】74-1120

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU