文字サイズ
自治体の皆さまへ

Agriculture News 農業委員会だより

2/20

岩手県軽米町

■1 20人の委員が決定
令和4年4月から新たに就任した農業委員・農地利用最適化推進委員を紹介します。(任期は令和7年3月まで)

▽農業委員
主に農地の売買・貸借・転用許可申請の審議や、町への農業振興策の提案を行います。
※氏名は、「広報かるまい 令和4年5月号」の紙面をご覧ください。

▽農地利用最適化推進委員
主に遊休農地の解消、担い手への農地集積・集約化など、農地利用の最適化活動を行います。
※氏名は、「広報かるまい 令和4年5月号」の紙面をご覧ください。

■2 会長就任あいさつ
軽米町農業委員会 会長 山田一夫

農業委員会は、農地の売買・貸借の許可や遊休農地の防止などのほか、町の将来の農業のあり方、優良農地の継承、担い手の育成確保といった農地利用の最適化活動の調整役も求められています。
国では、地域農業施策の基本計画とも言える「地域農業マスタープラン」に基づき、担い手への農地集積・集約化を進めながら、5年後、10年後を見据えた地域ごとの農地の目標地図の作成を目指すとしています。
農業委員と農地利用最適化推進委員20人は、町内に10地区ある地域農業マスタープランごとに、担当委員を決めて活動してまいります。こうした活動は、農業の担い手だけでなく、農地の所有者を含め、皆さまのご協力が必要不可欠です。
近年の農業情勢は難しい状況にありますが、農家の皆さまのよき相談相手として、一緒に課題を解決していきたいと考えております。今後とも農業委員会へのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

■3 農業者年金のご案内
農業者を知り尽くした「農業者年金」で、安心で豊かな老後を!(ご相談はJAまたは町農業委員会事務局まで)

●農業者年金 6つのポイント
▽ポイント1
農業者であれば広く加入できます
奥様も単独で加入可能!

▽ポイント2
積立方式・確定拠出型で、少子高齢時代に強い!

▽ポイント3
保険料額は自由に決められます
(月額2万円~6万7,000円)

▽ポイント4
終身年金、かつ80歳より前に死亡した場合は一時金も!

▽ポイント5
保険料の全額が社会保険料控除の税制優遇措置を受けられます

▽ポイント6
一定の要件を満たす農業者には保険料の国庫補助あり!

■4 全国農業新聞の購読を
発行日:月4回(毎週金曜日)
購読料:月700円(送料・税込み)

全国農業新聞は、農業政策、経営・技術、地域情報など、農業経営や暮らしに役立つ情報を掲載しています。購読希望の方は、お近くの農業委員や農地利用最適化推進委員、役場農業委員会事務局までお申し込みください。

問い合わせ:町農業委員会事務局
【電話】46-4739

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU