文字サイズ
自治体の皆さまへ

【お知らせ】12月3日~12月9日は障害者週間です

10/40

静岡県函南町

地域共生社会の実現を目指しましょう

町内に暮らす約37,000人のうち、何らかの障害のある人は約2,000人います。
町では、函南町障害者自立支援協議会(通称:あいのわネット)と連携し、誰もがいきいきと暮らせるまちづくりの一つとして、障害についての理解を深め、人格と個性を尊重し支え合う「地域共生社会」の実現を目指しています。

■障害の種類
▽身体障害
視覚障害、聴覚障害、言語障害、手足の不自由、心臓・腎臓・呼吸器などの内臓機能の障害など生まれつき症状がある人や事故・病気によるものなど。

▽知的障害
先天的に理解力や判断力に個人差があったり、人や環境になじみにくかったりし、生活に支障がある。ちょっとした声かけなどの支援で解決することも多く、軽度の場合は本人も周囲も気付かないことがある。

▽精神障害
ストレスや生活環境など、何らかの原因によって脳内の神経伝達物質のバランスが崩れ、統合失調症やうつ病など精神の病気により、長期にわたって日常・社会生活に支障のある状態など。

■障害のある人を理解することから始めましょう
障害には、生まれつきのものだけでなく、交通事故や脳梗塞などの後遺症で手足が不自由になるなど、不自由なく暮らせている人でも、誰でも障害のある人になる可能性があります。
障害による不自由さがあったとしても、周囲の理解や配慮があれば、その人の生活の幅は広がっていきます。町民の皆さんが、障害のある人の生活面での困難さを理解し、障害のある人をサポートする行動を自然なかたちで行えるそんなまちづくりを目指しています。
まず、第一歩として、障害を理解することから始めましょう。

問合先:福祉課
【電話】979-8127

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU