文字サイズ
自治体の皆さまへ

まび復興通信

1/70

岡山県倉敷市

■東京2020パラリンピック聖火 倉敷市採火式「真備復興への絆の火」
8月24日~9月5日に開催された東京2020パラリンピック。市では、8月16日、真備支所正面玄関前でパラリンピック聖火の採火式を行い、倉敷まきび支援学校・倉敷支援学校・真備地区の6つの小学校の児童8人が、真備地区特産の竹を用いた採火棒に順番に火をつなぎ、採火台に点灯しました。伊東市長が採火台から火をランタンに移し、「この火を、『真備復興への絆の火』と命名し、復興への思いと全国の皆さまへの感謝の気持ちを届けたい」とあいさつしました。
真備復興への絆の火は、県内の全市町村それぞれで採火された火と一つになって東京に送られ、パラリンピック聖火となりました。

問合せ:本庁障がい福祉課
【電話】426-3305

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU