文字サイズ
自治体の皆さまへ

「ホッ」とHotな話題

19/23

福岡県古賀市

◆2/22 「古賀市の未来をつくろう」~中学生からのまちづくり提案~
古賀中3年生の生徒が「古賀市の未来をつくる」をテーマに模型などの資料を制作し、市幹部に向けてプレゼンテーションを行いました。この取組は美術科の授業の一環で、行政が新たな視点を得られる貴重な機会につながりました。

◆2/18 「地域応援横断幕」でエールを贈る!
古賀中学校のフェンスに貼られたカラフルな8枚の横断幕。医療関係者などエッセンシャルワーカーの方々、困難な状況にある方々、地域の皆さんに少しでも元気を贈ることができれば…と、2年生全員がアイディアを考え、投票で選びました。国道3号から生徒たちの温かなエールが良く見えます。

◆2/22 古賀神社の新ロゴとパンフレットが完成
古賀の縁結びスポット「古賀神社」の、ハートの絵馬掛処やデザイン御朱印制作に続く新たな取組です。たくさんの人の“ご縁”と認知度向上が期待されています。

◆1/30 市民スポーツ研修会
市スポーツ協会が「向き合おう自分の体」をテーマに、健康づくりための研修会を開催しました。健康の維持には筋肉が不可欠であることなど、身近でためになる話が印象的でした。

◆2/8 県内2例目!ゴールドポストが古賀へ
東京2020大会のパラバドミントン平野一美監督のゆかりの地、古賀舞の里郵便局に、県内2例目となるゴールドポストが設置されました。
※ゴールドポストとは、東京2020大会関係者ゆかりの地の郵便ポストを金色に塗り替え、関係者の栄誉を称え、輩出した地域を盛り上げるためのプロジェクトです。

◆2/9 手作りの陶芸ひな人形で春の訪れ
市陶芸同好会会長の香川義文さんが制作したひな人形が市に寄贈されました。作品は温もりのある陶器製で、「コロナ禍のふさぎがちな気持ちが明るくなれば」との想いが込められています。

◆2/14 厚労大臣賞を受賞!「MOA美術館古賀市児童作品展」
古賀市児童作品展実行委員会※は、長期にわたり市内児童生徒の作品を表彰・展示しました。その活動内容が高く評価され、団体として厚生労働大臣賞を受賞しました。

◆1/29~2/23 赤星孝・信子展
市を代表する作家赤星孝・信子夫妻の作品展を開催しました。県立美術館展示を含むご遺族から寄贈された多くの作品が展示され、来場者は実物の作品の迫力に見入っていました。

◆全国広報コンクール 広報こが「こがんと。」全国大会へ!
2021年1月号(表紙・裏表紙)写真が、全国大会へ、組み写真部門の県代表として選出されました。これからも市民の皆さんに愛され、読んでいただける広報づくりを心掛け、まちの魅力を発信していきます。

◎市ホームページの街角スナップでは、ここには掲載できなかった情報もたくさんご覧いただけます。
【HP】http://www.city.koga.fukuoka.jp/

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU