文字サイズ
自治体の皆さまへ

あなたに救える命が、そこにある

8/23

福岡県古賀市

◆Blood donation 献血
『あなたの40分がだれかの一生になる』
全国的に献血者数が年々減少しています。
輸血が必要な人に、年間を通じて安全な血液を安定供給するために、また万が一の時の自分のためにも、皆さんの継続的な協力が必要です。
令和4年度も市内で献血(400ml全血献血)を実施します。あなたの血液によって救われる命があります。あなたの40分が誰かの一生に!

▽献血できる人
年齢:
・17歳~69歳(男性)
・18歳~69歳(女性)
※65歳以上の場合は、60歳~64歳までの間に1回以上献血を行った人
体重:50kg以上
*400mL全血献血の協力をお願いしています。
*初めて献血をする人は、
(1)名前
(2)生年月日
(3)顔写真が確認できる証明書を持って来てください。
*2回目以降の人は献血カードを持って来てください。
*糖尿病などの疾患や内服の内容によっては、献血ができない場合があります。

詳しくは、福岡県赤十字血液センターにお問い合わせください。
【電話】921-1400

▽献血実施予定表

◆Bone marrow donor bank 骨髄ドナーバンク
『少しの勇気がだれかの人生を繋ぐ』
血液の病気への有効な治療法の1つとして、健康な人の骨髄などを患者さんに移植する治療法があります。
日本では毎年新たに約1万人が白血病などの重い血液の病気を発症し、移植を必要とする患者さんは毎年2,000人以上にのぼります。しかし、さまざまな理由から最終的にドナー(骨髄を提供する人)が見つからない人も多く、実際に移植を受けることができる患者さんは6割にとどまっているのが現状です。
現在、ドナー登録者で最も多いのは40歳代。骨髄バンクのドナー登録は年齢制限があるため、毎年約2万人がドナーを引退しています。「善意が命をつなぐ骨髄バンク」という仕組みを安定的に維持し、一人でも多くの命を救うために、今、若い世代のドナー登録者が求められています。

▽ドナー登録できる人
・骨髄・末梢血幹細胞の提供の内容を十分に理解している人
・18歳~54歳で健康な人(実際に提供できるのは20歳~55歳)
・体重が男性45kg以上/女性40kg以上の人
※病気療養中または服薬中(特に気管支ぜんそく、肝臓病、腎臓病、糖尿病などの慢性疾患)など健康状態によっては登録できない場合があります。

・詳しくは日本骨髄バンク
【URL】https://www.jmdp.or.jp/

▽骨髄バンクドナーを支える制度があります
【古賀市骨髄等移植ドナー補助金交付事業】
骨髄バンクを介して骨髄などを提供する場合、ドナーも通院や入院で、10日前後の日数を要します。市では骨髄などの提供を行った人に、休業補償のための補助金交付を行っています。対象者や申請方法など詳しくは、ホームページでご確認ください。
【HP】https://www.city.koga.fukuoka.jp/cityhall/work/yobou/043.php

問合せ:健康介護課(サンコスモ古賀内)
【電話】942-1151

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU