文字サイズ
自治体の皆さまへ

忘れていませんか予防接種(2)

5/23

福岡県古賀市

◆高齢者肺炎球菌お知らせ
肺炎は悪化すると死に至る危険な病です。特に高齢者の肺炎は死因の上位に位置し、その原因菌として最も多いのが肺炎球菌によるもので、全体のおよそ3割を占めます。肺炎球菌が原因で起こる肺炎をはじめとする感染症の予防だけでなく、感染してしまった場合の重症化予防にもワクチン接種が有効です。

*市では、以下の条件に該当する人に予防接種費用の一部を助成しています。
(今年度65歳になる人は4月下旬に接種券を郵送するため申請は不要。それ以外の人は要事前申請)

接種期限:令和5年3月31日まで
接種場所:県内の指定医療機関(事前要予約)
・医療機関一覧はこちら
※QRコードは広報紙をご覧ください。

▽接種券事前申請
申請場所:健康介護課(サンコスモ古賀内)窓口
必要書類:本人確認書類(マイナンバーカードや健康保険証など)
※生活保護受給者は生活保護受給証明書、下記(2)の人は身体障がい者手帳
※代理申請の場合は、代理人および接種を受ける人の本人確認書類

▽令和4年度の予防接種費用助成対象者
過去に肺炎球菌ワクチンを一度も接種していない人で(1)または(2)に該当する人
(1)令和4年度に下記の年齢に該当する人
65歳:昭和32年4月2日~昭和33年4月1日生
70歳:昭和27年4月2日~昭和28年4月1日生
75歳:昭和22年4月2日~昭和23年4月1日生
80歳:昭和17年4月2日~昭和18年4月1日生
85歳:昭和12年4月2日~昭和13年4月1日生
90歳:昭和7年4月2日~昭和8年4月1日生
95歳:昭和2年4月2日~昭和3年4月1日生
100歳:大正11年4月2日~大正12年4月1日生

(2)60歳以上65歳未満で、心臓、じん臓または呼吸器の機能や、ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に障がい(身体障がい者手帳1級程度)がある人

▽自己負担金
4,000円(生活保護受給者は無料)

▽接種日に持っていくもの
(1)接種券
(2)本人確認書類(健康保険証やマイナンバーカードなど)
※生活保護受給者は診療依頼書
※上記(2)の人は身体障がい者手帳

▽知ってください肺炎予防の必要性!
肺炎による死亡者の約98%は65歳以上※

※厚生労働省、人口動態統計(確定数)2017年

▽年齢を重ねるごとに肺炎のリスクが高まります!
うがい・手洗いなどの日頃の感染予防もたいせつです。

問合せ:健康介護課(サンコスモ古賀内)
【電話】942-1151

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU