文字サイズ
自治体の皆さまへ

子宮頸がん予防ワクチンを自費で接種した人へ 子宮頸がん予防ワクチン費用助成について

14/41

福井県鯖江市

子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)への感染を予防するワクチン(以下「HPVワクチン」)について、令和4年3月31日までに自費で接種した人に接種費用の助成(償還払い(※1))を実施します。申請方法などの詳細は、市ホームページを確認してください。
※1…サービスを受けるために必要な費用の全額を一旦、自己負担した後、申請などにより一部または全部を払い戻してもらう支払方式

■対象者
以下の全ての条件を満たす人
(1)平成9年4月2日生まれ~平成17年4月1日生まれの女性
(2)令和4年4月1日時点で鯖江市に住民登録があること
(3)HPVワクチンの定期接種が3回完了していないこと
(4)17歳となる日の属する年度の初日から令和4年3月31日までに日本国内の医療機関で、サーバリックス(2価HPVワクチン)またはガーダシル(4価HPVワクチン)の接種を自費で受けていること
(5)償還払いを受けようとする接種回数分について、令和4年4月1日からの定期接種を受けていないこと

■償還額
医療機関に支払った接種費用、もしくは、接種した年度の市予防接種委託料のいずれか低い額

■申請方法
窓口申請もしくは郵送申請

■提出書類
(1)申請書兼請求書
※申請書は窓口にあるほか、市ホームページでダウンロード可
(2)任意接種を受けたことを証明する書類(母子健康手帳、予防接種済証等)
(3)任意接種費用の支払いを証明する書類(領収書、支払い証明書等)(※2)
※2…書類がなくても申請は可能ですが、償還額は市で決められた額になります。
(4)被接種者の本人確認書類
(5)振込希望先金融機関の通帳の見開きのコピー(口座番号等確認用)

■申請期間
10月3日(月)~令和7年3月31日(月)まで

問合先:健康づくり課
【電話】52-1138

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU