文字サイズ
自治体の皆さまへ

女だから、男だから、ではなく、私だから、の時代へ。(1)

2/35

兵庫県宍粟市

6月23日~29日は男女共同参画週間

■「誰もが自分らしく」生きる社会へ
(SDGs5:ジェンダー平等を実現しよう)

宍粟市では、すべての人の人権が尊重される男女共同参画社会の実現をめざし、国が示す「男女共同参画社会基本法」に基づき「宍粟市誰もが自分らしく生きる共同参画社会づくり条例」をこの3月に制定しました。
少子高齢化が進み、地域社会における家族のあり方は大きく変わってきました。また、大規模災害の発生や世界規模の感染症の流行を通して、社会の脆弱な姿も見えてきました。このような中で、「男のくせに…」「女だから…」などという性別による固定的な役割分担意識が残っていては、一人ひとりが個性や能力を発揮できず、また、男女二元論に限定された社会の中では、生きづらさを抱えたままの生活を強いられることにもつながります。
これからの社会に対応するためには、誰もが性別等にとらわれず、自分らしく生きることができ、個性や能力を発揮し、「ここに住んで良かった」と思えるまちでなくてはなりません。
この条例は、次の世代に責任を持つ私たちが誰にも開かれた男女共同参画社会の実現をめざして取り組むことを決意し、さらには未来を担う子どもたちへ、多様性に富んだ活力ある宍粟市を継承するための道しるべでもあります。

◇「宍粟市誰もが自分らしく生きる共同参画社会づくり条例」8つの基本理念
(1)すべての人の人権の尊重
(2)多様な性の尊重
(3)性別による固定的な役割分担意識等の解消
(4)方針の立案、決定過程への共同参画
(5)家庭生活とその他の活動との調和
(6)性に対する理解と生涯にわたる健康
(7)地域活動における参画と協働
(8)国際社会等の取組みの理解

■日本における男女共同参画
◇ジェンダーギャップ指数2021 日本は世界120位/156か国
・政治 147位…議会などの意思決定機関への参画
・経済 117位…賃金や労働力などの男女の格差
・教育 92位…識字率や就学などの男女の格差
・健康 65位…出生時の性別比や平均寿命の男女差など

世界経済フォーラムが毎年公表している「ジェンダーギャップ指数」は、経済活動や政治への参画度、教育水準、出生率、健康寿命などから算出される男女格差を示す指標です。

「ジェンダー」とは、生まれついての生物学的性別に対し、「社会的・文化的に形成された性別」のこと。社会通念や慣習の中には、社会によって作り上げられた「男性像」「女性像」があり、このような区別をジェンダーといいます。
「ジェンダーギャップ」とは、男性と女性の役割の違いによって生じる格差のことをいいます。

■「参画」ってなに?
「ジェンダーギャップ指数」において、日本の順位を低くしているのが政治や経済分野における大きな男女格差です。2020年にどちらも100位以下になってしまいました。ここで重要となるのが、「参画」という考え方です。「参画」とはいったいどのような意味をもつのでしょうか。災害や防災計画に女性が「参画」する意義から考えてみましょう。

女性の「参画」がない⇒災害が起こったときに、女性や子どもなど多様なニーズがつかめない
防災計画策定に女性も「参画」⇒意思決定過程に加わる

「参画」とは、事業や政策など組織の意思決定過程に加わることです。
参画することで、活動の企画や運営方針の策定に関わり、集団の組織運営に対して意見を反映できます。さらに組織を変えていくことも可能です。

■宍粟市の現状はどう?
男女共同参画の推進を目的に、平成30年12月、市民2,500人を対象にアンケートを実施。その中で、男女共同参画に関する考えを聞いた結果、性別による平等感や役割分担などに対する市民の意識が見えてきました。

◆各分野における男女の平等感
学校教育の場では「平等」が高くなっていますが、全体的に「男性優遇」が高い結果です。「政治の場」や「社会通念・慣習・しきたりなど」、「社会全体でみた場合」では「男性優遇」が特に高くなっています。

○各分野における男女の平等感(N=1,060)
※「N」は各設問に該当する回答者総数を表します。

◆家庭での役割分担の理想と現実
理想の役割分担は、すべての項目で「夫婦同程度」が高くなっています。しかし実際には、「主に妻」の役割が高い項目が多い結果です。家庭での役割分担が妻にかたよっていることが分かります。

■女性も意思決定の場へ 多様な視点が地域を変える
◆自治会への女性参画が「地域力」成長のカギ
宍粟市における自治会役員に占める女性登用割合は、156自治会中4自治会で、2.6%です。地域で行われる様々な活動において、男性が自治会などにおける要職を担い、女性は炊き出しやお茶出しなどを担当するといった、「固定的な性別役割分担意識」による役割分担の固定化が生じていませんか。
これからは、多様な住民の地域活動への参画やリーダーとしての女性の参画を拡大し、地域活動における男女共同参画を推進することが、持続可能な地域社会を構築していくためにも必要です。
男女がともに自治会役員を担うことで、新しい視点での取り組みが生まれ、地域での活動がより活発になります。次世代の子どもたちのためにも、誰もが性別等にとらわれず対等な立場で地域活動に参画し、責任を分かち合える社会をめざして、一人ひとりの意識を変えていきましょう。

○市内自治会の女性役員登用状況

○宍粟市議会の女性議員割合

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU