文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症の影響で各種保険料の納付が困難な方へ

23/25

東京都品川区

新型コロナウイルス感染症の影響により、収入が減少した場合に各種保険料を減額・免除します。

■国民健康保険料の減額・免除
申請期間:6月11日(金)から4年3月31日(木)まで
対象:次の(1)か(2)にあてはまる世帯
(1)主たる生計維持者が、新型コロナウイルス感染症により死亡または重篤な傷病を負った世帯
(2)新型コロナウイルス感染症の影響により主たる生計維持者の事業収入、不動産収入、山林収入、または給与収入などのいずれかの減少額が、前年の当該事業収入などの額の10分の3以上で、前年の合計所得金額が、1,000万円以下であること、かつ減少見込みの事業所得以外の前年所得の合計額が400万円以下であること
減免の対象となる保険料:令和3年度分の保険料のうち、3年6月30日~4年3月31日に納期限が設定されている保険料(特別徴収の方は3年4月~4年2月の年金差し引き分)

減免額:
(1)全額
(2)減少した収入の前年所得が前年の合計所得に占める割合に応じて判定
申請方法:国民健康保険料減額・免除申請書と提出書類を申請先へ郵送
※詳細は区ホームページをご覧ください。申請書はダウンロードもできます。

提出書類:
(1)簡易申告書および死亡診断書または医療機関の診断書
(2)簡易申告書および所得が減少した月の内容が分かる資料
※廃業の場合は廃業等届出書、失業の場合は雇用保険受給資格者証等。

申請先・問い合わせ:国保医療年金課資格係(〒140-8715 品川区役所)
【電話】5742-6676【FAX】5742-6876

■後期高齢者医療保険料の減額・免除
後期高齢者医療制度に加入している方については、7月中旬に送付する保険料決定通知に同封の案内をご覧いただき、ご相談ください。

問い合わせ:国保医療年金課高齢者医療係
【電話】5742-6736【FAX】5742-6741

■介護保険料の減額・免除(65歳以上の方)
減免には申請が必要です。申請書や必要書類のご案内などを郵送しますので、下記の対象にあてはまる方はお問い合わせください。
申請期間:6月1日(火)から4年3月31日(木)まで
対象:次の(1)か(2)にあてはまる方
(1)新型コロナウイルス感染症で、世帯の主たる生計維持者(以下、生計主)が死亡または重篤な傷病を負った方
(2)新型コロナウイルス感染症の影響で、生計主の令和3年の事業収入等*1の減少が見込まれ、1)と2)の所得要件を満たす方
1)事業収入等のいずれかの減少額が、前年(令和2年)の当該事業収入等の額の10分の3以上である*2
2)1)以外の収入について、前年の所得の合計額が400万円以下である
*1 事業収入等とは 事業収入、不動産収入、山林収入、給与収入
*2 保険金や損害賠償などで補てんされる金額は収入に含みます
減免の対象となる保険料:令和3年度分の保険料のうち、3年4月1日~4年3月31日に納期限が設定されている保険料(特別徴収の方は3年4月~4年2月の年金差し引き分)

減免額:
(1)全額
(2)減少した収入
1)の前年所得が前年の合計所得に占める割合に応じて判定
申請方法:介護保険料減額免除申請書と提出書類を申請先へ郵送
※詳細は区ホームページをご覧ください。申請書はダウンロードもできます。

提出書類:
(1)生計主の死亡診断書、医師の証明書、保健所等の入院勧告書などの写しで、原因が確認できるもの
(2)生計主の令和3年の給与明細書、売上台帳などの写しで、減少した収入が確認できるもの
※廃業の場合は廃業等届出書、失業の場合は雇用保険受給資格者証等も必要。

申請先・問い合わせ:高齢者福祉課介護保険料係(〒140-8715 品川区役所)
【電話】5742-6681【FAX】5742-6881

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU