文字サイズ
自治体の皆さまへ

第八期品川区介護保険事業計画を策定しました

3/25

東京都品川区

介護保険制度は平成12年に創設されて21年が経過します。この間制度の適正な運用により、介護を必要とする高齢者の生活を支えてきました。
今後も高齢化が進む中、区では、在宅生活を支援する基盤整備と地域との協働による支え合いのしくみづくりの一層の充実を図るため、令和3~5年度の「第八期品川区介護保険事業計画」を策定しました。

■区がめざす高齢者介護のあり方
「できるだけ住み慣れた我が家で暮らす」
区では高齢者と家族が介護サービスや地域の方の協力を得ながら、住み慣れた「我が家」で生活を送ることができるよう様々な高齢者支援を行っています。

■重点課題
地域包括ケアの充実による地域共生社会の実現

◇8つの推進プロジェクト
重点課題に対応する推進プロジェクトを8つにまとめ、中長期的な視点を持って、多様化する高齢者等のニーズにきめ細かく対応していきます。
1.地域との協働によるネットワークと共生社会の実現
2.健康づくりと介護予防サービスの充実
3.介護保険サービスの充実・その他のサービスの充実
4.認知症高齢者とともに生きる総合的な施策の推進
5.医療と介護の連携の推進
6.入所・入居系施設の整備とサービスの質の向上
7.多様な介護・福祉職員の確保・育成と業務の効率化
8.感染症や災害時対応の体制整備

◇65歳以上の方(第1号被保険者)の保険料の見直し
第八期の保険料基準額は、今後の介護給付費の見込みや介護報酬の改定などを踏まえ月額6,370円と推計されますが、区の介護給付費等準備基金を充当し、実際にご負担いただく基準額は月額6,100円(第七期は5,600円)としました。また、保険料段階については能力に応じた負担となるよう、これまでと同様の14段階とし、負担の公平化を図ります。

■パブリックコメントでいただいた主なご意見と区の考え方
[6人の方から13件のご意見をいただきました]

◇パブリックコメントにご意見をお寄せいただきありがとうございました
「第八期品川区介護保険事業計画」の全文と、お寄せいただいたご意見の概要と区の考え方は、高齢者福祉課(本庁舎3階)、区政資料コーナー(第三庁舎3階)、区ホームページでご覧いただけます。

問い合わせ:高齢者福祉課支援調整係
【電話】5742-6728【FAX】5742-6881

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU