文字サイズ
自治体の皆さまへ

特集 ハート・デザイン 〜ユニバーサルマナーとこころのバリアフリー〜(3)

4/33

静岡県島田市

■伝い(づたい)Zutai 全国に広がる善意の隊員

▽私たちが住むまちでもてけてけ隊を広めたい
出口 淳子(でぐちじゅんこ)さん、長崎 美津子(ながさきみつこ)さん
神奈川県三浦市三崎下町地区
小学生の頃から親友の私たち。バリアフリーてけてけ隊をフェイスブックで知った際も、二人で「素敵(すてき)な活動だね」と意気投合しました。早速、原田君江さんに連絡してステッカーなどを入手。商店を一軒ずつ訪れて趣旨を説明すると同時に、市役所や商工会議所などへも、周知への協力を直談判して回りました。
二人とも介護の仕事に携わりながら、クチコミやSNSで活動の輪を少しずつ広げてきました。6年が経ち、今では三浦市内だけでも40軒以上がステッカーを掲示し、誰にでも快くおもてなしを提供してくれています。賛同者からは「店舗がバリアフリーでなくても、配慮や声掛けで食事を楽しんでもらえるなら」という声が届いています。
てけてけ隊を広める活動を続ける中で、神奈川県内に留(とど)まらず東京などでも、こころのバリアフリーに取り組んでいる心優しい方々とつながることができました。私たち自身の行動の幅を広げてもらえて、本当に感謝しています。
今後も「みんなが楽しい思い出を作れる三浦」「安全で楽しく快適に過ごせるまち」を目標に、活動の普及を続けていけたらと思います。

■「こころのバリアフリー活動」への想い
「心の輪を広げる体験作文」佳作(2019年度・内閣府)
※詳しくは本紙またはPDF版をご覧ください。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU