文字サイズ
自治体の皆さまへ

健康で安全な夏を過ごすために~市長メッセージ~

4/41

千葉県白井市

■熱中症に注意してください
皆様には感染対策や節電にご協力いただきありがとうございます。市内では毎年、熱中症の救急搬送が30件を超え、特に今年は猛暑と節電要請により熱中症患者の増加が懸念されます。
市では、今年度から官民協働事業「健康会議」を開催し、初回のテーマを「熱中症」としてセミナーを開催するなど、正しい知識と対処法を多くの皆さまに知っていただく取り組みを実施しています。また、市役所などの公共施設に「ひと涼みスポット」を設置しています。お気軽にご利用ください。
新型コロナウイルス感染症が再拡大している中、皆さまには、3密を避ける、マスクを着用する、手洗いを励行するといった基本的感染予防対策の徹底を今一度お願いいたしますが、屋外など人との距離が十分にとれるところではマスクを外してこまめに水分を取るなど熱中症にも十分注意してください。

■交通ルールを守りましょう
今年、市内ではすでに、3件の交通死亡事故が発生しています。
市では、交通事故防止に向け関係機関で構成する通学路安全推進協議会で毎年、通学路の合同点検を行うほか、印西警察署をはじめ交通指導員と連携し、協力体制を強化しています。
夏休みを迎え、イベントや帰省などにより飲酒の機会が多くなりますが、飲酒運転は絶対に「しない、させない、ゆるさない」という意識を強く持ち、交通事故防止にご協力をお願いします。
また、千葉県では7月から自転車保険への加入が義務化されました。大切な命を守るためにも、車だけでなく自転車や歩行中も交通ルールを守り、楽しい夏を過ごしましょう。

白井市長 笠井喜久雄

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU