文字サイズ
自治体の皆さまへ

お知らせ保健

14/28

愛知県新城市

■検診
▼集団がん検診(要申込)
日時:12月19日(月)午前
場所:新城保健センター
内容・費用:
胃がん…500円
大腸がん…300円
前立腺がん…500円
子宮がん…500円
乳がん…500円(40歳代・600円)
結核・肺がん…無料
※前立腺がんは50歳以上の男性が対象です。
※40歳代の方の乳がん検診は二方向のレントゲン撮影を行います。
※がん検診は年度に1回の受診でお願いします。

■相談
▼健診結果説明・相談会(要申込)
日時:12月5日(月)午前9時~
場所:新城保健センター
内容:お手元の健診結果についての説明・相談
対象:健診受診者(特定健診、勤務先や個人などで健康診査を受けた方)
持ち物:健診結果票、筆記用具

■お知らせ
▼がん患者アピアランスケア事業
内容:がん患者の方がウィッグや乳房補整具を令和4年4月1日以降に購入した費用を補助します。
対象:申請日に、本市に住所のある方でがんと診断されその治療を受けた、または現に受けている方で、治療に伴う脱毛によりウィッグを購入した方、または外科的治療などによる乳房の変形により乳房補整具を購入した方
※過去に愛知県内他市町村で同様の補助を受けている方は除きます。
助成額:購入費用の1/2(上限2万円)
申請期限:補助対象購入後から1年以内
注意事項:令和4年4月1日以降に購入したものが対象です。
※必要書類など詳しくは、市ホームページもしくは、新城保健センターへお問い合わせください。

▼慢性腎臓病(CKD)を知っていますか?
CKDは、成人の8人に1人の割合で患者がいると言われ、近年注目されている疾患です。
▽腎臓の働き
腎臓は、血液をろ過して老廃物などを尿として排出する役割があります。また、血圧の調整や血液をつくるホルモンを分泌するのも腎臓の機能です。

▽CKDとは
一つの病気を表す病名ではなく、腎機能が慢性的に低下している状態を指す総称です。血液検査や尿検査などで腎機能の低下や尿タンパクなど3ヵ月以上続くと、医師から診断されます。
初期は自覚症状がなく、むくみ、頭痛、だるさなどの症状があらわれた時には、かなり腎機能が低下しています。
CKDを放置していると、やがて腎不全となり、透析治療や腎臓移植が必要になります。

▽原因となる生活習慣
誰もがかかる可能性があり、肥満、喫煙、多量の飲酒、運動不足、ストレスなどが原因になります。糖尿病、高血圧、脂質異常症などは発症のリスクを高めます。

▽糖尿病との関わりが強い
糖尿病の合併症に腎症があります。糖尿病による腎症は透析導入の第1位で、糖尿病にならない、悪化させないことが大切です。

▽生活習慣改善のポイント
生活を見直すことで、発症や進行を抑えることができます。
・禁煙
・飲酒は適量を守る
・減塩
・適度な運動

▽毎年、健診を受けて腎機能の状態を確認しましょう
血清クレアチニン:クレアチニンは老廃物で、腎機能が低下すると尿中に排出されずに、血液中に蓄積します。
eGFR(推算糸球体ろ過量):血清クレアチニン値と年齢・性別から腎機能の状況を推算したものです。老廃物を尿へ排出する力がどのくらいかを示しており、この値が低いほど、腎機能が低下しています。
尿タンパク:陽性は腎機能が低下している可能性があります。

問合せ:健康課(新城保健センター)
【電話】23-8551
ID:819789248

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU