文字サイズ
自治体の皆さまへ

お知らせ(3)

3/17

三重県鈴鹿市

■生活応援のためのギフト券は期限までに受け取りを
新型コロナウイルス感染症や物価高騰などが生活に影響を及ぼす中、子ども・高齢者・障がい者の皆さんへ市独自の生活応援事業として、8月からギフト券(1,000円分×5枚)を配布しています。まだ受け取っていない方は、各担当課までご連絡ください。
※複数の事業に該当する方は、対象事業ごとにギフト券を配布します。
◆子ども生活応援事業…子ども政策課
対象:平成16年4月2日以降に生まれた方で、次のいずれかに該当する方
・令和4年7月1日時点において、鈴鹿市の住民基本台帳に記載されている方
・令和4年7月2日から令和5年2月28日までに、新たに鈴鹿市の住民基本台帳に記載された出生児
※令和4年11月下旬から順次発送します。
◆高齢者生活応援事業…長寿社会課
対象:令和4年7月1日時点で鈴鹿市の住民基本台帳に記載されている方で、昭和33年4月1日以前に生まれた方
◆障がい者生活応援事業…障がい福祉課
対象:令和4年7月1日時点で鈴鹿市の住民基本台帳に記載されている方で、次のいずれかの有効な障害者手帳を所持している方
・身体障害者手帳
・療育手帳
・精神障害者保健福祉手帳
※令和4年7月1日時点で障害者手帳の有効期限が切れていた方は、9月30日までに申請手続きを行い、令和4年7月1日にさかのぼって有効となった方が対象になります。

問合せ:
子ども政策課【電話】382-7661【FAX】382-9054【E-mail】kodomoseisaku@city.suzuka.lg.jp
長寿社会課【電話】382-7935【FAX】382-7607【E-mail】chojushakai@city.suzuka.lg.jp
障がい福祉課【電話】382-7626【FAX】382-7607【E-mail】shogaifukushi@city.suzuka.lg.jp

■借金のお悩み無料電話相談
多重債務でお困りの方に、弁護士(三重弁護士会)または司法書士(三重県司法書士会)が、無料で電話相談に応じます。
とき:12月4日(日)・11日(日)10時~16時

相談電話番号
【電話】059-224-3180

※当日のみの専用ダイヤルです。
※相談時間は30分程度です。
※通話料がかかります。
主催・問合せ:三重県多重債務者対策協議会(事務局三重県環境生活部くらし・交通安全課(【電話】059-224-2400)

問合せ:市民対話課
【電話】382-9004【FAX】382-7660

■マイナンバーカード出張交付申請窓口
対象の方に、買い物などに使用できるギフト券(2,000円分)を申請時に贈呈します。
対象:市内に住民登録があり、マイナンバーカードを初めてつくる方で、カードを郵送で受け取る方法で窓口申請された方
日時:12月3日(土)・4日(日)11時~18時
場所:イオンモール鈴鹿1階北コート(庄野羽山4-1-2)
※マイナポイント(第2弾)の付与を希望する方は、12月末までにマイナンバーカードの交付申請を行ってください。
持ち物:後日、本人限定受取郵便でマイナンバーカードを受け取る場合は、次のものが必要です。
・通知カード(個人番号通知書)
・住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
・二次元コード付き交付申請書(お持ちの方のみ)
・本人確認書類(Aの中から1点またはBの中から2点)
A:顔写真貼付のもので、最新の情報が記載されているもの(運転免許証、住民基本台帳カード、旅券、在留カード、身体障害者手帳など)
B:「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載されたもの(健康保険証、介護保険証、各種年金証書、学生証など)
※通知カード(個人番号通知書)がない場合は、Aの中から1点+Bの中から1点、またはAの中から2点必要です。
※いずれも有効期限内の原本に限ります。
※15歳未満の方や成年被後見人が申請される場合は、法定代理人(親権者、成年後見人)と一緒にお越しください。なお、両者の本人確認が必要です(例子:保険証+母子健康手帳、親権者:運転免許証)。

問合せ:戸籍住民課
【電話】327-5056【FAX】382-7608

■市道開通のお知らせ
都市計画道路汲川原橋徳田線の汲川原橋と平野町とを結ぶ区間445mを開通します。
開通により通行形態を変更しますのでご注意ください。
日時:11月26日(土)8時から

問合せ:道路整備課
【電話】382-7613【FAX】382-7612

■住民税均等割のみ課税世帯に対する臨時特別給付金
対象と思われる世帯には確認書を送付しています。期限までにお手続きください。
対象:基準日(令和4年7月1日)において鈴鹿市の住民基本台帳に登録されており、令和4年度分の住民税均等割のみ課税されている世帯
※住民税が課税されている方の扶養親族などのみの世帯は除きます。
※申請日まで引き続き鈴鹿市に住民登録がある方に限ります。
※住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金を受給した世帯と同一の世帯、または当該世帯の世帯主であった方を含む世帯は除きます。
給付額:1世帯当たり5万円
申込み:9月上旬に市から送付した確認書に、必要事項を記入の上、健康福祉政策課へ
※令和4年1月2日以降に転入された世帯や転入した方がいる世帯で給付金の対象となる世帯は、申請が必要です。11月30日(水)までに、本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証など)、転入した方の均等割額を確認できる書類(令和4年度課税証明書など)、振込先口座の確認書類を持って、健康福祉政策課へ問合せ鈴鹿市住民税均等割のみ課税世帯に対する臨時特別給付金専用番号(【電話】0800-200-0673(通話料金無料))

問合せ:健康福祉政策課
【電話】382-9012【FAX】382-7607

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU