文字サイズ
自治体の皆さまへ

〔特集)見つめ直そう、路線バス(2)

2/31

北海道滝川市

■バスはとても優しい乗り物! 路線バスを利用するとこんな良いことがあります
▼路線バスは家計に優しい!
バスは移動にかかるコストを削減することができます。例えば、自家用車とバスをそれぞれ同じ条件で1年間利用するケースを考えてみると、自家用車の年間維持費は40万円前後と言われているのに対し、毎日バスを利用する場合は年間で14.6万円(滝川市内線1回200円×往復×365日)しかかかりません。また、車両代や税金もかからないため、経済的です。
・コストDown

▼路線バスは環境に優しい!
最近はSDGsなど、環境保全への積極的な取り組みが進められています。電気自動車などを除いた自動車とバスの輸送量当たりの二酸化炭素排出量(排出二酸化炭素量/輸送人員×輸送距離)を比較すると、自動車はバスよりも2.28倍の二酸化炭素が排出されると算定されており、積極的にバスを利用することは地球環境にも優しいと言えます。
・CO2 Cut
自家用車:130
路線バス:57
出典:国土交通省

▼路線バスは身体に優しい!
買い物などに行く際、自家用車を利用すればほとんど座ったまま移動することができるため快適に感じますが、その分運動不足になりがちです。厚生労働省のデータによると、仮に1時間の移動を自家用車ではなくバスを利用するとした際の消費カロリーは、自家用車利用時の2倍以上とされており、バスを使うことは、運動量の向上にもつながり、健康増進に役立ちます。
・運動量UP

■あなたもバスを支えよう!バス利用促進の取り組み紹介
滝川市地域公共交通活性化協議会では、公共交通の維持・確保を目的とした利用促進事業を、各種団体と協力しながら行っています。
▼〔店舗との連携事業〕バス乗車トクトクサービスカードの配布
滝川市内線の利用促進と中心市街地等の活性化を目的とした事業です。滝川市内線を利用した方は、カード取り扱い店舗でお買い物をするとお得なサービスが受けられます。(※詳細についてはP17をご確認ください)

〇トクトクサービスカードを実際に利用してみました♪
(1)バス降車時に、料金箱横のケース内にある「トクトクサービスカード」をとります。(一人1枚)
(2)今回は「なかむらや」さんでカードを利用してみました。

〇なかむらや」店主 中村 耕三 さん
「少しでも地域の支えになればと思い、サービスを続けています。バスを使った買い物や通学帰りの際にお立ち寄りいただけるとうれしいです。」

▼〔小学校や団体等との連携事業〕「バスの乗り方教室」の開催
市内の各小学校や老人クラブ、町内会などの団体を対象に「バスの乗り方教室」を実施しています。バスに興味や関心を持ってもらう機会をつくり、今後のバス利用へつなげていくことを目的とした事業で、乗車体験を通じてバスの役割や、乗車時のマナーについて学びます。

実施を希望する団体は、お気軽にご相談ください!
問合せ:企画課企画政策係
【電話】28-8004

▼〔滝川西高等学校とのコラボ企画〕地域公共交通マスコットキャラクターの制作
今年度、滝川西高等学校協力のもと、地域公共交通マスコットキャラクターを制作しました。今後の広報活動など、さまざまな場所で活用される予定です。

ルンルーをデザインした 滝川西高等学校 美術部 部長 林 澪里(みおり) さん
多くの方に覚えてもらえるよう、シンプルで可愛い「ルンルー」という名前をつけました。
色んな事業に活用していただけるとうれしいです。バス利用者をはじめ市内外問わず、愛されるキャラクターになることを願っています。

〇ルンルー
バスに乗ってお出かけをするのが大好きなクマ。耳のハートは菜の花とコスモス、カバンはプラタナスの葉で出来ています。出かけた先で「良い所」を見つける帽子を被り、今日もバスに乗ってルンルンです♪

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU