文字サイズ
自治体の皆さまへ

特集1 6月1日~7日は水道週間です

2/35

三重県玉城町

水道週間とは毎年6月1日~7日の間、水道について広く国民のみなさんの理解と関心を高めることを目的とする期間で、今年で64回目を迎えます。今年は「大切な水と一緒に暮らす日々」をスローガンに、災害に強い水道づくりのため管路の耐震化の促進などについて、みなさんの理解と協力を得ることを目標に、各地で広報活動などが実施されます。広報たまきでは、町の水道事業についてご紹介していきます。

■町水道事業の概要
玉城町水道事業は、昭和50年3月31日に事業認可を受け、昭和52年1月5日に供用開始しました。原水は山岡浄水場水源地にて、一級河川宮川の伏流水を地下33mから汲み上げ、次亜塩素酸ナトリウム(塩素)を添加し殺菌処理をしています。その後、ポンプで岩出配水池へ送って貯水し、岩出配水池から水道管を通してみなさんのご家庭に水を供給しています。
※伏流水とは川の水が浸透し流れる地下水で、水質が良好で安定している特徴があります。

■令和3年度の主な取組み
幹線配水管の老朽化による更新と耐震化を図るため、令和2年度より岩出配水池から宮古までをつなぐ水道管の更新工事を行っています。令和3年度には742mの布設を行い、今年度は655mを布設する予定です。
またこの他、災害時に備え新しい給水タンクを配備したり、給水パックの更新をしました。

▽幹線配水管布設時の様子
管径は45cmで、1本の長さは6mあります。

▽新しい給水タンク
発電機と給水ポンプにより、素早い給水が可能です。

▽新しい給水パック
キャップ式のため、水の出し入れが容易です。

問合せ先:上下水道課
【電話】58-8207

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU