文字サイズ
自治体の皆さまへ

まちのNEWS!(1)

2/51

石川県津幡町

このコーナーでは、町のニュースや地域のイベントなど、町の話題をお伝えしていきます。

■6/22津幡町人権擁護委員会人権の花を小学校へ贈呈
人権の花運動が6月22日に英田小学校、7月6日に井上小学校で行われました。
この運動は毎年、津幡町人権擁護委員が人権啓発活動の一環として小学校で実施しています。児童と委員が協力して花を育てることでいのちの尊さを実感し、豊かな心を育むことを目的としています。
人権擁護委員による人権のおはなしの後、児童と委員が和気あいあいと一緒にマリーゴールドやサルビア、インパチェンスなどの花苗を植えました。また、委員から児童へ人権イメージキャラクター「人権まもるくん」「人権あゆみちゃん」がプリントされた鉛筆や消しゴムなどが贈呈されました。
児童からは、「今日植えた花を枯らさないよう、みんなで協力して育てていきたい」「人権について理解することができた」といった声が寄せられました。

■7/1マイナンバーカード臨時受付コーナーを開設
マイナンバーカードに関する臨時受付コーナーが、7月1日にアル・プラザ津幡に開設されました。
この臨時コーナーは、気軽にマイナンバーカードに関する申請を行ってもらうことを目的に、町がアル・プラザ津幡の協力を得て設置したものです。マイナンバーカードの発行申請やマイナポイント受取のための手続きなどができ、土日も開設しています。
初日のセレモニーでは、矢田町長が「少しでも多くの方に利用していただきたい」と述べ、マイナンバーカードの普及に期待を込めました。
開設日などの詳細については、本紙17ページをご確認ください。

■7/6津幡町行政相談委員加茂修さん 総務大臣表彰受賞
町行政相談委員を17年間にわたり務めた加茂修さん(北中条)が総務大臣表彰を受賞し、7月6日に町役場を訪れて矢田町長に受賞を報告しました。
行政相談委員とは、気軽に相談ができる窓口として行政に対する相談を受け付け、相談者への助言や関係機関に対する改善の申し入れなどを行うボランティアです。総務大臣から委嘱を受けた方が任命され、石川県内では61人が活動しています。
加茂さんは「悩んでいる人を助けたいという思いで活動してきた」と振り返ると、矢田町長は「難しい話もたくさんあろうかと思います。これからも活躍してください」と長年の労をねぎらいました。

■7/5落語の文化を間近に体験 気軽に落語おきらくご
小学生のための「おきらくご」が7月5日に条南コミュニティプラザで開催されました。
この取り組みは、町広報特使である月亭方正さんの「お笑いの力で津幡町を盛り上げたい」との言葉をきっかけに平成30年度から始まったものです。「お気楽」+「落語」=「おきらくご」として、気軽に落語文化に触れられます。前年度に続いて、今年度も町内小学校の6年生を対象に全7回開催します。
第1回となったこの日は、条南小学校の82人が参加しました。講師である石川県住みます芸人の月亭方気さんが、説明や実演を通して落語の魅力を分かりやすく伝えました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU