文字サイズ
自治体の皆さまへ

国民年金保険料免除・納付猶予

11/39

北海道当麻町

経済的な理由などで国民年金保険料を納めることが困難な場合の手続きをご案内します。
保険料を未納のままにしておくと将来年金を受けられない場合があります。申請により、前年の所得に基づき一律(災害・失業などの場合を除く)に判定し、承認されると保険料の納付が免除または猶予されます。

■免除・猶予の種類

※1 申請者の他、配偶者・世帯主の方も所得基準の範囲内である必要があります
※2 申請者の他、配偶者の方も所得基準の範囲内である必要があります(世帯主の所得は審査対象外)
※3 一部保険料を納付しなかった場合は、その期間の一部免除が無効(未納と同じ)になります。ご注意ください。

■保険料の免除・猶予期間の追納
10年以内であれば、後から追納して老齢基礎年金の受給額を満額に近づけることが可能です。ただし、免除などを受けた期間の翌年度から3年度目以降は免除・猶予された当時の保険料に一定の金額が加算されます。追納すると通常に納めた場合と同じく計算されます

■免除・猶予承認期間
7月から令和4年6月まで

■申請方法
7月から役場戸籍年金係で申請を受け付けます

▽申請に必要なもの
・国民年金手帳または基礎年金番号通知書またはマイナンバーが確認できる書類
・印鑑
・雇用保険受給資格者証や雇用保険被保険者離職票などの失業したことを確認できる公的機関の証明書の写し(申請者本人・配偶者・世帯主の該当する全ての方の写しが必要です)
・マイナンバーで申請する場合は、窓口に来た方の本人確認が必要なため運転免許証、健康保険証などの確認書類(顔写真のないものは2点)、委任状(代理人のとき)

詳しくは…
・旭川年金事務所【電話】27-1611
・税務住民課戸籍年金係【電話】84-2111(内線135)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU