文字サイズ
自治体の皆さまへ

農地中間管理事業

16/39

北海道当麻町

農地利用の高度化および効率化を図るため、平成26年度から農地中間管理事業が実施されています。
北海道では「公益財団法人北海道農業公社」が農地中間管理機構として北海道知事より指定を受け、事業を行っています。

■事業の内容
農地中間管理機構は農地の貸し借りにおける中間的受け皿となる組織です。農地を貸したい人(出し手)から農地を借り受け、農地を借りたい人(受け手)に貸し付けることで、農地の集約を図ります。当麻町は、機構から業務の一部を受託し、相談などの窓口業務や出し手・受け手との調整を行います。

■事業の実施区域
対象区域は、当麻町の農業振興地域です。

■農地を貸したい方(出し手)
農地貸し付けの申し出は随時受け付けています。農地の状態により借り受けできない場合があります。

■農地を借りたい方(受け手)
機構が借り受け希望者を募集しています。機構を通じて農地を借り受けることができるのは、希望申出書を提出した方のみです。なお、借り受け希望の受け付けは随時行っていますので、興味のある方は下記連絡先へご連絡ください。

■機構集積協力金(農地の出し手に対する支援)
農地を10年以上機構に貸し付け、かつ機構から受け手に貸し付けられた農地の出し手には、予算の範囲内で協力金が交付されます(交付単価について、道からの配分に応じて単価調整を行う場合があります)。

■「経営転換協力金」経営転換・リタイアする場合が対象
「経営転換する農業者」「リタイアする農業者」「農地の相続人で農業経営を行わない者」に該当する農地所有者で、農地を機構に貸し付けた際、以下の協力金を交付します。
協力金交付単価:15,000円/10a(上限50万円/戸)
※この協力金は、令和3年度を目途に終了する予定です。協力金を受けたい方は、10月中に北海道農業公社と協議などの手続きを行った上で、12月の農業委員会総会で利用権の設定が必要となるため、9月末までに下記連絡先へご連絡ください。

詳しくは…農林業合同事務所(JA当麻2階)農林業振興課農産係・農業委員会事務局
【電話】84-2123
※制度の詳しい内容については、公益財団法人北海道農業公社【URL】http://www.adhokkaido.or.jp/chukankikou/、農林水産省【URL】http://www.maff.go.jp/j/keiei/koukai/kikou/のホームページでもご覧いただけます

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU