文字サイズ
自治体の皆さまへ

後期高齢者医療制度「減額認定証」「限度額適用認定証」のお知らせ

12/24

東京都豊島区

【自己負担割合が1割の方】
後期高齢者医療制度の加入者で、世帯全員が住民税非課税の場合は、申請により「減額認定証」(限度額適用・標準負担額減額認定証)の交付を受けることができます。医療機関などの窓口に提示すると、保険適用の医療費の自己負担限度額の区分1.、2.が適用され(表1)、入院時の食費(表2)が減額されます。
【自己負担割合が3割の方】
同じ世帯の後期高齢者医療被保険者全員の住民税課税所得がいずれも690万円未満の場合は、申請により「限度額適用認定証」の交付を受けることができます。医療機関などの窓口に提示すると保険適用の医療費の自己負担限度額の現役並み所得1.・2.が適用されます(表1)。
※該当する方は担当窓口に申請してください。
※75歳になる前に加入していた保険で減額認定証・限度額適用認定証を交付されていた方も、後期高齢者医療制度に加入した場合は、改めて申請が必要です。

(表1)1か月の自己負担限度額

注1
区分2.…住民税非課税世帯であり、区分1.に該当しない方。
区分1.…
ア.住民税非課税世帯であり、世帯全員の所得が0円の方(公的年金収入は80万円を控除、給与収入は給与所得控除後さらに10万円を控除し計算)。
イ.住民税非課税世帯であり、老齢福祉年金を受給している方。
注2
計算期間1年間(毎年8月1日~翌年7月31日)のうち、基準日時点(計算期間の末日)で一般区分または住民税非課税区分である被保険者について、一般区分または住民税非課税区分であった月の外来の自己負担額(月間の高額療養費が支給されている場合は支給額を控除した後の額)を合算し、144,000円を超える場合に、その超える分を高額療養費(外来年間合算)として支給します。
注3
過去12か月間に、高額療養費の支給が3回あった場合の4回目以降から適用になる限度額(多数回該当)。ただし、「外来(個人ごと)の限度額」による支給は、多数回該当の回数に含みません。なお、現役並み所得の被保険者は、個人の外来のみで「外来+入院(世帯ごと)」の限度額に該当した場合も、多数回該当の回数に含みます。

(表2)一般病床への入院時の食事代(1食あたりの自己負担額)

※1…
(1)指定難病患者の方は1食260円に据え置き。
(2)精神病床へ平成27年4月1日以前から継続して入院している患者の方は、当分の間、1食260円に据え置き。
※2…区分2.の減額認定を受けていた期間の入院日数が、過去12か月で90日(他の健康保険加入期間も区分2.であれば通算可)を超える場合は、入院日数のわかる医療機関の請求書・領収書などを添えて窓口で申請してください。なお、長期入院該当日は申請日の翌月1日となり、入院91日目から申請した月の月末までの食事は差額支給の対象です。

問合せ:後期高齢者医療グループ【電話】3981-1332

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU