文字サイズ
自治体の皆さまへ

Topics ひまわり広場

5/13

山形県中山町

■山形広域炊飯施設が完成しました
4月5日、村山地域の小中学校の給食に米飯を届ける山形広域炊飯施設のオープニングセレモニーが開催されました。山形連携中枢都市圏連携事業として計画してから約1年半で完成したこの施設は、8日から運用が開始されました。
オープニングセレモニーで、佐藤孝弘山形市長から、「共同事業でこんなにも早く完成できたのは参加した8つの市町(※)の支えがあったからです。お力添えに感謝します」とあいさつがありました。
※(山形市・寒河江市・上山市・村山市・山辺町・中山町・河北町・大石田町)
今回、「全自動炊飯システム」が導入されたことにより、長年の課題となっていた炊飯設備の経年劣化に伴う異物混入の可能性を低減し、短時間で大量に炊飯できるようになったため、子どもたちに温かくておいしい米飯が提供できるようになりました。
施設では各市町のお米を炊き分けて提供するため、子どもたちは自分たちの市町で採れたお米を食べることができます。中山町では、はえぬきの一等米を提供しています。安全安心な給食を通して、子どもたちの健やかな成長と、地産地消・地場産業を応援していきましょう。

■自衛官募集相談員へ委嘱状を交付
4月12日に、中山町自衛官募集相談員委嘱状交付式が行われ、自衛隊山形地方協力本部の白石正実本部長から、募集相談員の柏倉千春さん(岡)に委嘱状が交付されました。
交付式では、佐藤町長から柏倉さんに「募集相談員として、自衛官の活動内容等を正しく理解していただくための広報活動や、採用応募にあと一歩踏み出せない方の相談窓口としてご尽力いただきますよう期待しております」と激励がありました。
柏倉さんは、「自衛官は崇高な使命をもつとてもやりがいがある仕事です。興味がある方は気軽にご相談ください」と話しました。

■協働のまちづくりにむけて区長懇談会を開催
4月16日、中央公民館で令和4年度第1回区長懇談会が開催され、町内各地区の区長と、町から町長、副町長、教育長、各課長などが出席しました。
はじめに、今年度の区長を代表して石川敏昭区長(文新田2)に町長から委嘱状が交付されました。
町長のあいさつに続いて各課長等より今年度実施予定の主な事業について説明があり、これに関して質疑応答が行われました。
区長の皆さまには、地域の課題をともに解決し、町と地域が力を合わせ住みよい中山町を実現していくため、今年1年間ご活躍いただくことになります。

■昔懐かしの記念列車も登場 左沢線全線開通100周年記念イベントを開催
左沢線は大正11年(1922年)に山形駅~左沢駅間が開通し、現在まで多くの沿線住民の通勤・通学・買い物などの交通手段として利用されてきました。
4月23日、左沢線全線開通100周年記念イベントが各駅で開催され、羽前長崎駅では、町PRパンフレットの配布、町観光協会会員の商工会青年部と三和缶詰株式会社による商品販売、玄蕃太鼓振興会の皆さんによる演奏で乗客をおもてなしし、イベントを盛り上げました。ご入学おめでとうございます新しい学校生活に心を躍らせる新入生の皆さんが入学式を迎えました。

■「好きです、中山」ファンクラブ 羽前長崎駅に季節を感じられる花壇を設置
「『好きです、中山』ファンクラブ」(田宮昌幸代表)は、羽前長崎駅を中心に町の花ひまわりを植栽する「ひまわりいっぱい運動」や、なかやま保育園・ながさき幼稚園の園児の作成する「園児のお絵かきコーナー」、中山中学校美術部と協力して描く「黒板アート」による情報発信など、町のイメージアップを図る活動をしています。
このたび、羽前長崎駅東口に大きな丸い花壇を設置しました。現在はスイセンを植えており、夏には中央に植えたひまわりの種が、大輪の花を咲かせるように整備し、世話をしています。

■ご入学おめでとうございます
新しい学校生活に心を躍らせる新入生の皆さんが入学式を迎えました。
・中山中学校(新入生代表のあいさつ)
・長崎小学校(花のアーチをくぐる新入生)
・豊田小学校(教科書の贈呈)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU