文字サイズ
自治体の皆さまへ

(坂東市国民健康保険)医療費の状況についてお知らせします

5/22

茨城県坂東市

■国民健康保険(国保)とは
病気やけがをしたときに安心して医療を受けられるように、加入者が保険税を負担し、お互いに助け合う制度です。後期高齢者医療制度(原則75歳以上)や社会保険などに加入していないすべての方が加入します。
国保の医療費は、おもに「病院などに支払う一部負担金(患者負担)」、「国・県からの補助金」、「わたしたちが納める国保税」によってまかなわれています。医療費が増えると患者負担はもちろん、国保税の負担も増えることになります。

■医療費の推移
国保の医療費は、医療の高度化や国保加入者の高齢化などにより増加傾向にあります。
現行の医療制度を持続可能なものとするために、わたしたち一人ひとりが医療費を抑制するための意識を持つことが重要です。
現在は社会保険に加入している方も、退職後は国保に加入することになります。将来を見据えて、自分の健康管理に気を付けましょう。

[医療費の財源(イメージ)]

[坂東市国保1人当たり医療費の推移]

■わたしたちにできること
・食生活の改善や適度な運動で、生活習慣を見直しましょう!
・自分自身の健康管理のため、年に一度は健康診断を受けましょう!
・ジェネリック医薬品を活用しましょう!
先発医薬品と比べて低価格で提供できるため、患者の負担だけでなく医療費の軽減にもつながります。ぜひこの機会にジェネリック医薬品の活用をご検討ください。

問合せ:保険年金課
【電話】0297-21-2187

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU