文字サイズ
自治体の皆さまへ

正しい知識で安心な消費生活

20/43

山口県平生町

『自然災害に便乗した悪質商法』

◆相談
台風の後片付けをしていたところ、突然来訪した業者から、「屋根瓦がひび割れている。火災保険を使えば自己負担なく修理することができる」と言われた。信用して修理を依頼してよいだろうか。

◆アドバイス
自然災害で住宅が被害を受けたときは、まずは加入している保険会社に連絡し、修理が保険の対象となるか、保険の申請はどのようにするのかなどを確認しましょう。
また、複数の業者から見積もりを取り、工事内容や金額等をよく確認するなど、内容に納得してから契約するようにしましょう。

◆ワンポイント
大雨や台風などの自然災害の後は、それに便乗した悪質商法等が発生する傾向にあります。突然訪問してきた業者に勧められて、不必要な工事を契約してしまったなどのトラブルも発生しています。契約を迫られてもその場では返事をせず、実際に保険金が支払われるかなど、加入している保険会社に確認するようにしましょう。
また、複数の業者から見積もりを取り、本当に必要な工事かなどの確認をすることも必要です。
困ったときは、迷わず柳井地区広域消費生活センターにご相談ください。

問合せ:柳井地区広域消費生活センター
【電話】22-2125

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU