文字サイズ
自治体の皆さまへ

令和3年度国民健康保険特別会計決算(2)

3/33

青森県平川市

■医療費の適正化に向けて
▽健康の維持増進
医療費は新型コロナウイルス感染症による受診控えで一時的に下がったものの、再び増加に転じています。そのような状況において医療費の適正化を図り、健全な国民健康保険財政を運営していくためには、一人ひとりが健康管理に努め、健康の維持増進を心がけることが必要です。

▽ジェネリック医薬品で薬代の負担軽減
市では医療費の節減のため、低価格で、安全性や効き目は新薬と同等と認められているジェネリック医薬品(後発医薬品)の使用を推進しています。医師や薬剤師と相談しながら、ジェネリック医薬品で薬代の負担を軽くしましょう。

▽保健師が訪問します
同じ病気でのお医者さんの掛け持ちや、受診日数が多い方を対象に、保健師が健康に関する助言のため、訪問・指導を実施しますので、ご理解、ご協力をお願いします。

問合せ:税務課国保係
【電話】55-5328

■Medical Check up!年に1度は特定健診を受診しましょう
国民健康保険加入者の30歳から74歳までの方を対象に、特定健診を無料で実施しています。
・30~39歳の方は、集団検診のみ受けることができます。
※受診券は送付されません。
・40~74歳の対象者には特定健診受診券(紫色の用紙)を送付しています。個別健診・集団検診のどちらかを受診できます。

▽特定健診とは
メタボリックシンドロームやその予備群の方を早期に発見し、特定保健指導による改善を行うための健診です。

▽特定健診を受けると
(1)健診結果に合わせた保健指導が受けられます。
(2)保健指導で生活習慣改善ポイントがわかります。
(3)毎年の受診で継続した健康管理ができます。
(4)病気を予防することで医療費を抑制できます。

▽年に1度は特定健診を
メタボリックシンドロームをはじめとする生活習慣病は、気づかないうちに進行します。年に1度の特定健診で、健康状態のチェックをしてください。

問合せ:子育て健康課健康推進係
【電話】55-5819

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU