文字サイズ
自治体の皆さまへ

すこやかだより

8/12

北海道平取町

保健福祉課からのお知らせ

■「スマートスピーカー」で安否確認実証事業を開始
6月30日(木)、町では新しい高齢者等の安否確認の取り組みとして、郵便局・平取町社会福祉協議会と連携し、スマートスピーカーを活用した高齢者等見守りサービスの実証事業説明会を開催しました。
町関係機関からのお知らせ、体調・服薬確認。あらかじめ登録された親族等とのビデオ通話も、声でスピーカーへ指示することで簡単に操作できます。
また、無料通話アプリ「LINE」を連携することで、協力者の生活状況も確認できます。
実証事業は、協力者13名の家にスマートスピーカーを設置し、8月1日から9月30日までの期間実施され、町内での導入が検討されます。

■デイサービスセンターで「びらとりトマト」袋詰め開始
デイサービスセンター(平取かつら園)では、機能訓練メニューの新しい試みとして、びらとり農協の協力により、びらとりトマト袋詰めの請け負いを開始しています。
作業代金は農協から支払われ、その全額が利用者へ還元される社会参加型のメニューになっています。
トマトの計量・袋詰め・紹介文の封入・梱包までを、利用者で協力しあいながら、和気あいあいと行っています。
この袋詰めされたトマトは、曜日ごとにびらとり農協店舗や、農協直売店に並びます。
見かけましたらぜひお買い求めください。

■「ニシパランチ」給食試食会
町の食育推進事業である「ニシパランチ」事業が7月20日(水)に実施されました。
今年も小中学校と保育所、同日実施で平取高校トマトクラブが考案したメニューを給食として実施しています。
今年の献立は、びらとり黒豚と野菜を使った「栄養たっぷり豚丼」、びらとりトマトを使用した「トマトジャムロールケーキ」などで、町内の子どもたちが給食として一斉に試食しました。
バチラー保育園では、高校生とビデオ通話を通して、「ちさんちしょう」の学習と、クイズなど、子どもたちと高校生が繋がることができました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU