文字サイズ
自治体の皆さまへ

令和5年度新規採用職員募集

2/24

静岡県藤枝市

■本市の強みは「人財力」
~幸せになるまちを一緒に創ろう~

◆採用説明会
対象:本市(市立総合病院を除く)に就職を考えている人またはその家族
日時・場所:
・5月28日(土)午後6時30分~8時
県男女共同参画センター「あざれあ」(静岡市駿河区)
・5月29日(日)午前10時〜11時30分
市役所5階大会議室
・6月4日(土)午後2時~3時30分
産学官連携推進センター(BiVi藤枝1階)
内容:本市の求める職員像、本市の「未来に向けたまちづくり戦略」、先輩からのアドバイス、採用情報(職種・人数・条件など)

※申し込みなど詳しくは、市ホームページをご覧ください。
※新型コロナウイルス感染症の影響により、中止または延期となる場合があります。
※説明会の参加の有無は、試験の合否とは関係ありません。

◆職員の成長が本市の未来につながる
本市では「幸せになるまち」を基本理念に掲げ、市民の皆さんが幸せを実感し、希望あふれるまちづくりを進めています。
現在、少子高齢・人口減少社会の進行に加え、新型コロナウイルスや世界情勢の影響で、社会環境が大きく変化していますが、市政運営を担い、市民サービスの最前線にいるのは職員です。
本市の最大の強みは「人財力」であり、まちづくりを担う職員を「人財=宝」と位置づけ、職員の成長が本市の明るい未来につながると考え、人財育成に力を入れています。特に新規採用職員には、先輩職員が「OJTサポーター(指導担当者)」として、一人一人の成長を親身になってサポートしています。また人財育成センターによる職員のキャリア形成の支援や、能力向上のための各種研修を実施し、広い視野を身につけるため、積極的に国や他自治体、そして企業も含めさまざまな機関に職員を派遣するなど、役職を問わず、職員が成長し続けられる体制を整えています。
あなたもこの藤枝市で、自分自身の能力を開花させ、希望あふれる藤枝の明日を一緒に創りませんか。
藤枝市長 北村正平

◆先輩職員の声
〇課税課 長房佑季
(令和3年度 新公共経営プロジェクトチーム)
仕事の内容:
・家屋調査
・固定資産税・都市計画税算出 など
(1)藤枝市に入庁してよかったところ
新規採用職員へのサポートが厚く、自分にプラスとなる研修を多く受けられます。人事課とも気軽に話しやすい雰囲気があり、仕事への不安などが多い1年目でも安心して仕事に臨むことができました。
(2)新公共経営プロジェクトチームに参加した感想
「藤枝式しあわせになれる地域づくり」と題し、自治会・町内会の活動といった地域コミュニティの衰退が懸念されるなか、市としての問題解決をチームで考え、研究・発表を行いました。このチームはさまざまな部署の20~30代の若手職員で構成されているため、普段関わりのない部署の職員とも交流を持つことができ、とても有意義な活動となりました。
(3)藤枝市職員を目指す皆さんへ
藤枝市は研修や寺子屋など、職員としてのスキルを磨くための場が多く設けられています。また他の自治体・民間企業への派遣や各種プロジェクトチームの活動もさかんで、若手の頃から活躍できる場があり、やりがいや自信につながります。ともにスキルアップし、よりよい藤枝市を目指していきましょう。

〇企業立地戦略課 田上雄大
(令和3年度 静岡鉄道株式会社派遣)
仕事の内容:
・企業誘致施策
・オフィス立地の推進・支援 など
(1)派遣を経験してよかったところ
静岡鉄道株式会社では広告営業の業務を担当しました。電車、バス、商業施設など幅広い事業展開をする企業の特色を活かし、お客様のニーズに沿ったベストな広告媒体を提案できるように取り組みました。
入庁7年目にして民間の視点を学ぶことができ、刺激の多い派遣研修でした。
(2)仕事のやりがい・魅力
入庁8年目現在、派遣を含め、4つの課を経験しました。異動のたびに、全く違う分野の業務を遂行しなくてはならない難しさもありますが、いろいろな知識が身に付くというメリットもあります。それが市役所の魅力だと感じています。
(3)藤枝市職員を目指す皆さんへ
民間企業への派遣研修を通じて、経験することの重要性を感じました。
また、学生時代多種多様なアルバイトをしましたが、貴重な経験だったと振り返ります。皆さんのさまざまな経験や能力を藤枝市は求めています。培った力で一緒に魅力あふれるまちにしていきましょう。

問合せ:人事課
【電話】643・3704

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU