文字サイズ
自治体の皆さまへ

お知らせInformation 2022 November「町からのお知らせ」

14/27

山形県三川町

■にこにこカフェ
日時:12月6日(火)午後1時30分~3時
会場:三川町社会福祉センター
スタッフ:にこにこメイト(三川町認知症キャラバンメイトの会)
参加費:100円(茶菓代)
マイチャレポイント:10ポイント
申込み締切り:11月29日(火)まで
申込み・問合せ先:三川町地域包括支援センター(役場健康福祉課内)
【電話】35-7031

■三川町原油・物価高騰家計応援クーポン券発行事業の加盟店募集
町では、原油価格や物価高騰の影響を受ける町民や町内の事業者を支援するため、「三川町原油・物価高騰家計応援クーポン券発行事業」を実施します。
事業の開始に先立ち、加盟店を次のとおり募集しています。
なお、消費者向けの事業詳細は、広報みかわお知らせ版12月1日号でお知らせします。
事業実施期間:12月1日(木)~令和5年2月28日(火)
※加盟店の応募は、事業実施期間中、随時受付けます。
加盟店の要件:
・町内で事業を営む事業者または本町の住民基本台帳に登録があり、庄内地域他市町で事業を営む事業者であること。
・出羽商工会三川支所で事業実施要項の説明を受けること。
申込み・問合せ先:出羽商工会三川支所
【電話】66-3795

■三川町ふるさと応援寄附金広告付はがきの販売について
町では、ふるさと応援寄附金の広告付年賀はがきを1枚50円で販売します(年賀はがき1枚63円のうち、13円をPR代として町が負担)。
ご利用の場合は、購入申込書を提出してください(申込書は町ホームページからダウンロードできます)。
対象:町内の企業等(個人には販売しません)
申込み締切り:11月30日(水)まで
申込み・問合せ先:役場産業振興課商工観光係
【電話】35-7015

■11月は「ねんきん月間」11月30日は「年金の日」です
公的年金制度は、高齢になったときやいざというときに経済的な支えとなる社会保障制度の一つで、働いている世代みんなで支えようという考えで作られた仕組みです。

▽20歳から国民全員が加入者です
国民年金の加入者は、職業などによって分類され、それぞれ加入手続きや保険料の納付方法が違います。結婚や就職、退職などで被保険者の種別が変わったときは、2週間以内に手続きが必要です。

▽保険者の区分
・第1号 学生、自営業者、農林漁業者、無職の方等
・第2号 会社員、公務員等
・第3号 第2号被保険者に扶養されている配偶者

▽加入の届出先
・第1号 役場町民課住民係
・第2号 勤務先で事業主が届出
・第3号 配偶者の勤務先経由で届出

▽保険料の納付方法
・第1号 納付書(日本年金機構から送付)、口座振替、クレジットカード
・第2号 勤務先が納付
・第3号 納付不要

▽保険料について
第1号被保険者の保険料は月額16,590円(令和4年度)です。保険料をまとめて前払い(前納)すると割引が受けられてお得です(申込み期限あり)。

▽保険料の納付が困難なとき
本人が申請手続きをすることで、保険料の納付が免除または猶予される制度が4種類あります。保険料を未納のまま何も手続きをしないと、老後の年金や障害基礎年金を受け取れない場合があります。

(1)全額・一部免除
本人・世帯主・配偶者の所得が一定以下の場合、申請により保険料の全額または一部免除

(2)若年者納付猶予
50歳未満の方で本人・配偶者の所得が一定以下の場合、申請により保険料の納付を猶予

(3)学生納付特例
学生の方で所得が一定以下の場合、申請により保険料の納付を猶予

(4)産前産後期間の免除
平成31年2月1日以降に出産した第1号被保険者の出産予定日または出産日の前月から4カ月間の納付を免除(保険料を納めた期間として扱われます)

▽老後のためだけではありません
障害基礎年金や遺族基礎年金などの障害や遺族に対する保障があるほか、第1号被保険者の独自給付として寡婦年金や死亡一時金の制度があります。

問合せ先:
鶴岡年金事務所【電話】23-5040
役場町民課住民係【電話】35-7025

■鶴岡地区歯科医師会8020(はちまるにいまる)良い歯の長寿賞
鶴岡地区歯科医師会では、80歳で20本以上、自分の歯をお持ちの方を対象に、「8020良い歯の長寿賞」の表彰を行っています。今年度は、8人の方が受賞されました。
受賞者:一覧については本紙をご参照ください
※本人より了承を得た方のみ掲載

問合せ先:役場健康福祉課健康係
【電話】35-7032

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU