文字サイズ
自治体の皆さまへ

文化勲章を受章した絹谷幸二さん制作の壁画が市民文化会館に展示されています

2/34

静岡県三島市 ホームページ利用規約等

開館30周年を迎える市民文化会館に開館当時から展示されているフレスコ画「旭日三島讃歌」を制作された絹谷幸二さんが、令和3年度の文化勲章を受章しました。絹谷さんから当時の壁画制作の様子と作品に込めた想いについてコメントをいただきましたのでご紹介します。

■絹谷幸二(きぬたにこうじ)さん
文化功労者、日本藝術院会員、独立美術協会会員、東京藝術大学名誉教授

・文化会館事務室上のフレスコ画「旭日三島讃歌」
中央には、街中を流れる川や小浜池、新幹線、三島駅、三嶋大社、そして市民文化会館などが特徴的に描かれています。
※フレスコ画は、壁に塗った漆喰がフレスコ=新鮮な状態(生乾き)のうちに、水または石灰水で溶いた顔料で描く技法による壁画です。

三島に行くと富士山が目の前に大きく広がり、海を渡る風が山にぶつかり、富士の湧水が柿田川に流れている。当時の私は柿田川で落鮎釣りに出かけていたので、三島は大変親しみのある町でした。食事も美味で、楽しくフレスコ画を描かせて頂いた思い出があります。ただ、高い足場がどこにも固定されていなかったので、緊張しながら描いた記憶があります。
壁画は、大変気にいる仕上がりとなりました。色彩の光が三島の暮らしを照らし、三島市民文化会館が芸術・文化の中心となって光彩に満ち溢れた町になれば良いなと思いながら制作しました。
令和3年12月吉日 絹谷幸二

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU