文字サイズ
自治体の皆さまへ

令和4年度 三島市の予算 2

5/32

静岡県三島市 ホームページ利用規約等

■第5次総合計画に沿った主な事業
※予算額は万円未満を四捨五入したものです

◆第5次総合計画 基本目標3「未来につなぐ人材を育むまち」
(1)各小中学校施設補修整備事業…7億4,218万円
児童・生徒の安全確保と教育環境の整備、施設の長寿命化などを図るため、向山小学校および長伏小学校の改修工事に加え、南小学校・山田中学校エレベーター設置工事などを実施します。

(2)史跡山中城跡維持管理事業…3,070万円
長雨により崩落した堀の復旧工事のほか、ガバメントクラウドファンディングを活用し維持管理を行います。

(3)学校支援員配置事業…8,424万円
小学1年生や通常学級に在籍する特別な支援を必要とする児童生徒を支援するため、学校支援員を配置するとともに、医療的ケアや学校生活に介助を必要とする児童生徒を支援するため、看護師などを配置します。

(4)小学校非構造部材耐震化事業…1,967万円
児童の安全をより向上すべく、錦田小学校2階ランチルームおよび3階廊下天井の落下防止対策工事を実施します。

(5)小中学校感染症対策事業…2,880万円
衛生用品の整備や手洗い場のタッチレス水栓化などにより、感染症を予防し、児童・生徒が安全・安心に過ごせる環境を整えます。

(6)クリエイティブシティ推進事業…245万円
「三島市文化振興基本計画」における重点プロジェクトなどに基づき、市民の自主的・自発的な文化活動が活性化する仕組みの構築や、子どもたちの創造性や想像力とコミュニケーション能力を育むクリエイティブ教育など、東京2020オリンピック・パラリンピック大会後の文化のレガシーとなる事業を実施します。

◆第5次総合計画 基本目標4「交流とにぎわいのあるまち」
(1)商工業振興事業…1億6,000万円
コロナ禍を踏まえ非接触のキャッシュレス決済のさらなる普及に向け、決済アプリの利用時にポイントを還元することで、個人消費の活発化と、中小事業者も含めた市内事業者の売上向上に寄与します。

(2)観光振興事業…4,127万円
令和5年度からの5年間を計画期間とする「観光戦略アクションプラン」を策定するほか、新たな生活様式に対応した観光推進事業の実施、市有観光関連施設の維持管理、観光客などに対する快適性の向上を図るためのサービス提供や、観光情報の積極的なPRを行います。

(3)三嶋大祭り補助金…4,000万円
伝統文化の継承や地域コミュニティの活性化を図るとともに、放送中の大河ドラマの人気も追い風として、例年以上の賑わいを創出し、観光・商業振興の促進を図ります。

(4)ブライダル需要喚起事業支援補助金…200万円
カップルの挙式などを支援することにより、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている結婚式場などの支援につなげます。

(5)農業次世代人材投資事業…1,007万円
経営が不安定な就農初期段階の新規就農者に対し、就農後の経営まで包括的に支援することで農業就業人口の増加を図ります。

(6)企業立地推進事業…1,052万円
企業誘致を推進し、雇用を確保するとともに地域産業の高度化および経済の活性化を図ります。

(7)サテライトオフィス進出事業費補助金…600万円
オフィスの分散化やテレワークの導入など多様な働き方や働く場所を確保するため、市内に新たに賃借してサテライトオフィスなどを開設するIT企業などに対し、当該経費の一部を支援します。

◆第5次総合計画 基本目標5「快適で暮らしやすいまち」
(1)三島駅南口東街区再開発事業…3億2,028万円
三島駅周辺グランドデザインの実現に向け、事業効果などの調査、事業関係者と連携した導入機能等の検討などを実施するとともに、地下水保全のための地下水モニタリングを継続し、その結果や建築計画案を地下水対策検討委員会で確認します。また、市街地再開発組合の実施設計、権利変換計画作成などの費用について補助金を交付します。

(2)ガーデンシティみしま花飾り事業…2,110万円
中心市街地に設置した花飾りの維持管理などを市民ボランティアと行うとともに、市民向け講習会やボランティア活動の充実を図ります。

(3)土地政策推進事業…1,499万円
大場地区においては、県立三島南高等学校の南側農地約10haの土地利用転換に向け、まちづくり基本構想の作成などを進めます。また、「ふじのくにフロンティア推進区域」の玉沢地区において、医療・健康関連産業の企業誘致の実現に向け、事業用地の売却手続きを進めていきます。

(4)一般橋梁整備事業…1億4,187万円
一般市道に架設されている橋梁について、三島市橋梁長寿命化修繕計画に基づく修繕工事、橋梁点検などを実施します。

(5)交通対策事業…5,638万円
自主運行バスについて、利用者のニーズに合った路線の見直しを図り運行するほか、新規路線としてバスとジャンボタクシーを併用した「花のまち号(東大場分譲地)」、デマンドタクシーによる「山田・小沢線」をスタートします。また、三島裾野線バス停留所設置工事を行います。

(6)循環バス運行事業費補助金…2,160万円
市内循環バス「せせらぎ号」および「なかざと号」の運行経費の一部を補助し、バス利用促進および市内の公共施設などへの交通の利便性を確保し中心市街地の活性化や、沿線住民の買い物や通院を支えます。

(7)移住就業支援補助金…1,020万円
東京圏からの移住者を増やし、人口増を創出するため、支援金の対象求人に就業する、もしくは転職せずにテレワークを実施し市内へ移住する人を支援していきます。

(8)公営住宅整備事業…1億519万円
市営住宅の安全で快適な住まいを継続的に確保するため、藤代住宅B棟建設に伴う設計並びに家屋調査などの業務委託や藤代住宅N・S棟解体工事を行います。

◆第5次総合計画 基本目標6「共に創る持続的に発展するまち」
(1)地域づくり市民会議事業…82万円
「地域コミュニティ協議会」の取り組みを支援し、その取り組みを広く発信していくことでシビックプライドの高い、住民主体の地域づくりを推進するほか、「Well-being」の視点を取り入れ「幸福」というキーワードを核にした地域づくりを市民と共に考える機会を創出します。

(2)スマート市役所推進事業…3,724万円
三島市スマート市役所宣言(令和元年12月公表)に基づき、デジタルファーストによる便利で質の高い市民サービスの提供、生産性の高い行政運営、産業の活性化や産官学民が連携したまちづくりに取り組み、自治体DX(デジタル・トランスフォーメーション)を強力に推進します。

(3)電子申請運営事業…2,834万円
自治体DX推進計画にて示された26手続きを中心に、市民がマイナンバーカードを用いたオンライン手続きを可能にするほか、行政運営の簡素化、効率化を図り、市民の利便性向上のため、申請管理システムや汎用電子申請システムを導入します。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU