文字サイズ
自治体の皆さまへ

みしま情報便 information 3

6/18

静岡県三島市 ホームページ利用規約等

■〈情報〉日ごろから「同行避難」の準備をしましょう ペットの災害対策
同行避難とは、人とペットが同一の空間へ避難し居住することではなく、ペットと一緒に避難所まで安全に避難することです。災害時にペットを放置することで、その後の保護や給餌活動が困難となったり、飼い主が世話のため、自宅に戻る際に二次災害に遭う危険性があるため、原則として、ペットを同行して避難することが重要です。
同行避難とペットの適切な避難場所を確保するために、日ごろから同行避難をするための準備をし、住まいの防災対策や自分たちの地域の同行避難が可能な避難所を事前に確認しておきましょう。

・飼い主の明示をしましょう
災害時に離ればなれになる場合があるため、ペットに身元のわかる鑑札、狂犬病予防注射済票、迷子札、マイクロチップなどを装着しましょう。

・健康管理をしましょう
被災時のストレスによる体調変化に気付くように、日ごろからかかりつけの動物病院で健康管理をしましょう。また、他の動物との集団生活での感染症まん延防止のため、狂犬病予防注射、ワクチン接種、ダニ・ノミの駆除を実施しましょう。

・基本的なしつけをしておきましょう
避難所では、キャリーバックやケージでの生活となり、首輪が必要な場合があります。いざというときに嫌がらないように訓練をしておきましょう。また、避難所で周囲に迷惑をかけないよう、普段から基本的なしつけをしておきましょう。

・防災用品を用意しましょう
避難所ではペットに応じた防災用品をすぐに用意することはできません。日ごろからペット用持ち出し袋を準備し、食べなれたペットフードや水、リード、シーツ、キャリーバッグ、ケージ、食器などを最低5日分は用意し、常用薬はすぐに持ち出せるようにしましょう。

問合せ:環境政策課
【電話】983・2646

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU