文字サイズ
自治体の皆さまへ

守谷市独自「特定不妊治療費助成事業 スタート!」

15/41

茨城県守谷市

令和4年4月1日から、不妊治療が保険適用となったことに伴い、茨城県では、経過措置として、主に、治療期間の初日が令和4年3月31日以前で、治療が令和4年4月1日から令和5年3月31日に終了する保険適用外の不妊治療(体外受精または顕微授精など)に要した費用に対し、助成を行っています。
市では、県助成事業の対象となる方に対し、これまでどおり、県補助金に上乗せして10万円を上限に助成します。また、県助成事業の対象とならない方(治療期間の初日が令和4年4月1日以降の方)にも、市独自で、治療に要する費用を5万円まで助成します。申請方法など詳しくは、市ホームページをご確認ください。

対象となる治療・費用:令和4年4月1日以降に治療を開始した、体外受精または顕微授精(これらの治療の過程で行う男性不妊治療も含む)に要した費用
※令和4年3月31日以前に行った体外受精または顕微授精により作られた受精胚による凍結胚移植も対象となります。
※保険適用か保険適用外かは問いません。
対象:次の要件を全て満たす夫婦
※年齢制限はありません。
(1)体外受精または顕微授精以外の治療法では妊娠の見込みがないか、極めて少ないと医師に診断され治療を受けた夫婦
(2)申請日時点で、夫婦のいずれかが守谷市の住民基本台帳に登録されていること
(3)市税の滞納がないこと
助成額:1回の治療につき上限5万円
※回数制限はありません。
※男性不妊治療は、上記のほか、5万円を限度に助成します。
※医療機関で支払った額が5万円に満たない場合は、当該支払った額となります。

申込・問合先:保健センター
【電話】48-6000

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU