文字サイズ
自治体の皆さまへ

まちからのお知らせ 助成・支援

11/31

熊本県山都町

■有機農業JAS認証に係る経費を補助
町では、有機JAS認証の定着と取得拡大を図り、安心安全の農業を推進するため、有機JAS認証に係る経費を補助します。
対象者:町内に住所を有し、令和4年度に新規または継続して有機JASの認定を受けた方
交付額:
新規取得者:10/10
継続者:8/10
対象経費:
・認定機関における有機農産物(生産行程管理者)の認証に係る経費
・認定事業者の年次調査結果の判定に係る経費
提出書類:
・補助金交付申請書および実績報告書
・補助金請求書
・有機JASの認定証又は年次調査結果の証明書の写し
・有機JAS認証を受けているほ場の一覧がわかる書類の写し
・有機JAS認定申請料等の領収書の写し※明細がわかる請求書を添付
・振込先口座が確認できるものの写し
農薬や化学肥料に頼らないで、自然界の力で生産された安心・安全な食品を表しており、認証を受けた事業者のみが使用できます。

問合:農林振興課
【電話】72-1136

■農業者就農交付金
町内において、農業後継者が親元で就農する場合、または新規参入者が新たに農業経営を開始する場合、就農時1回に限り交付金を交付します。
対象者:次の要件を全て満たす者
・山都町に住民票がある者
・就農日における年齢が45歳未満である者
・農業後継者(継承予定者)または農業経営者
・平成31年4月以降に就農した者
・国が行う『農業次世代人材投資資金(経営開始型)』の未交付者
交付要件:
・認定新規就農者または認定農業者(共同申請を含む)であること
※認定農業者(共同申請):家族農業経営に携わる世帯員が経営方針や役割分担などを取り決める「家族経営協定」に基づき、認定農業者の申請を経営のパートナーとして共同で行うこと。
・税申告が青色申告の経営体であること
・町税などの滞納がない経営体であること
・交付後、3年度間は農業に従事すること
交付額:50万円を一括交付する(夫婦や兄弟で就農する場合は70万円)
※就農時1回に限る。
※1経営体あたりの上限は70万円とする。
申込期限:7月20日

問合:農林振興課
【電話】72-1136

■介護資格取得に係る研修費用の補助
町では、介護人材確保に向けた取り組みの一環として、町内の介護事業所で、ホームヘルパーとして仕事をするために資格を取得する方に対し、研修費用の一部を補助します
対象となる研修:
(1)介護職員初任者研修
(2)生活援助従事者研修
対象者:
(1)町内に住所を有している
(2)町税などの滞納がない
(3)研修修了後1年以内に、町内のサービス事業所などに就職しているなど
補助金額:研修受講料と教材費の合計額に1/2を乗じた額で、上限25,000円
提出書類:(1)受講料の領収書等(2)修了証の写し(3)町税等に滞納がない証明書(4)就業証明書

問合:福祉課
【電話】72-1229

■熊本県事業復活おうえん給付金について
熊本県では、新型コロナウイルスの影響を受けた県内事業者を支援するため、国の「事業復活支援金」を受給された県内事業者への上乗せ給付を実施しています。
申請期限:7月31日
給付対象:(1)と(2)を満たす中小法人等・個人事業者等が給付対象となります。
(1)熊本県内に店舗や事業所等を有する事業者
(2)国の「事業復活支援金」を受給された事業者
給付額:国の「事業復活支援金」給付金額×2/5
中小法人等 最大 40万円
個人事業者等 最大 20万円
電子申請:「熊本県おうえん給付金」を検索
https://www.pref.kumamoto.jp/soshiki/61/126575.html

問合:熊本県事業復活おうえん給付金事務局
【電話】096-312-3777
※国の「事業復活支援金」については、申請期限が5月31日までとなっていますので、ご注意ください。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU