文字サイズ
自治体の皆さまへ

わたしたちの人権206

20/31

熊本県山都町

誰もが人間として生きていくうえで侵すことのできない当然の権利これが『人権』です
■人権作文の紹介(令和三年度)
「人権作文は本紙参照」

■令和四年度5・23差別をなくす山都地区集会の中止について
先月号でもお知らせしていましたが、「5・23差別をなくす山都地区集会」は、新型コロナウイルス感染防止のため、本年度も中止となりました。
この集会は、部落差別が凝縮された狭山事件に子どもも大人も共に学び、自分たちの暮らしや地域社会におけるあらゆる差別の現実と向き合い、人権が尊重される社会の実現に向けて開催されるものです。
これまで集会に参加した小学生からは、「自分はいじめがあることに気づけていたか。その時、自分は、見ている立場、いじめる側など、どの立場にいたのかふり返ることができました。見ている人もいじめている人と同じとわかりました。」『「自分が闘ってないと差別は見えない。差別がなくなるまで闘う」と身の周りの差別に気付いていきます』との感想がよせられています。
集会では、差別に気づき、「本当の仲間を増やそう」、「差別をなくしていこう」と心から願い、発言していく子どもたちがいます。周りの子どもたちも部落差別が自分の事として捉えられていきます。
このような子どもたちの姿をとおして、大人も、部落問題と自分とのかかわりに気づいていく場となっています。

自分の人権を守り他人の人権を守る責任ある行動を

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU