文字サイズ
自治体の皆さまへ

やまとの話題(1)

7/33

熊本県山都町

■町内小学4年生に「ちゃぐりん」が贈呈されました
7月6日にJAかみましき松本和文代表理事常務より、JAの子ども雑誌「ちゃぐりん」が、町内の小学4年生に贈呈されました。
贈呈された8月号は「お米の自由研究」などの付録もあり、夏休みの自由研究にぴったりな内容となっていています。「ちゃぐりん」は、21世紀を担う子どもたちに、「いのち・自然・食べ物・農業の大切さ」を強く訴えるとともに、農業、農村、食糧問題及び環境問題等に関心を持ってもらいたいとの趣旨で発行されています。
農業や自然、JAについて正しく理解し、共生することのすばらしさなどを身につけてもらいたいとの考えから、JAグループの活動の一環として「上益城農業協同組合」及び「阿蘇農業協同組合」から町内の学校及び小学生に毎年贈られています。

■おいしいトマトをいつもありがとう!
7月11日、JA阿蘇南部トマト部会蘇陽支部が菅尾保育園を訪問し、トマトをプレゼントしました。同部会は、山都町蘇陽地区、高森町、南阿蘇村のトマト農家で構成され、毎年、蘇陽地区の3つの保育園を訪問し、贈呈されています。
菅尾保育園では小﨑芳雄副部会長が子どもたちに「おいしいトマトを食べて大きくなってください!」と伝えて、トマトを受け取った子どもたちは、大きな声で「ありがとうございます!」とお礼を伝えました。

■お絵かき教室
7月13日、馬見原保育園において、画家の八坂圭先生による「お絵かき教室」がありました。馬見原保育園の園児の保護者でもある八坂先生が、園児に絵を通じて感性を発掘して貰おうと実施されました。
八坂先生からの「宇宙でであった宇宙人と食べたいおやつ」を絵の題材に、参加した子どもたちはすいかやチョコレートなど自由な発想で絵を描き上げました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU