文字サイズ
自治体の皆さまへ

はぐくみ通信 トイレトレーニング

17/25

滋賀県栗東市

気候も良くなり、夏に向けて「トイレトレーニングを始めよう」と思われている人も多いのではないでしょうか?
一般的にトイレトレーニングを始める目安は次の3つです。

・トイレまで自分で歩け、便座にしっかり座れる
・おしっこの間隔が2時間くらいあく
・大人の言うことがある程度理解でき、「はい」や「いや」など簡単な受け答えができる

成長には個人差があるため、年齢にとらわれず、子どもに合わせて、タイミングを見ながら進めていきましょう。
トイレでの姿は、食事や衣服の着脱などと違って、あまり目にすることがないため、日頃から大人がトイレに行く様子を見せたり、絵本などで興味を持たせたり意識付けをしていきましょう。
またトイレの中を明るく清潔に保ち、好きなキャラクターを壁面に貼るなど、子どもがトイレに行きやすい環境を整えたり、踏ん張りやすいように足場を作るなどの工夫をすることも、スムーズに進めるためのコツです。
おしっことうんちの回数の違いから、うんちのトレーニングが後になりがちですが、できるだけ同時に進めることがゴールまでの近道になります。
途中でうまく進まなくなったり、子どもが嫌がったりする時は一旦トレーニングをお休みし、時間をおいて、また新たな気持ちで始めてみましょう。
おむつが取れ、トイレで排泄できるようになることは、子どもの「自分でできた!」という自己肯定感を高めます。「あせらず」「ゆっくり」「ほめながら」、トレーニングを進めていきましょう。

問合せ:地域子育て包括支援センター
【電話】551-2370【FAX】551-2330

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU