文字サイズ
自治体の皆さまへ

交通におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)の取組 ~和光版MaaSの検討・導入~

3/41

埼玉県和光市

■MaaS(マース)とは

MaaS(マース:MobilityasaService)とは、「交通・移動におけるサービスの提供」を示しています。
自宅から目的地(病院や旅行先など)への移動において、「行き方」・「予約」・「支払い」を高度情報通信技術(ICT)により、スマホアプリ等の情報提供ツールで一括して行うことで、「移動しやすさ」を向上させるサービスのことです。そのほか、旅行先の商店で使えるクーポンの付与や、病院の予約受付を同時に行うなど、各自治体や企業で様々なMaaSにおける試みを行っています。

〇和光版MaaSとは
和光版MaaSは、来る高齢化社会に向けて、交通弱者を含む皆さんの「移動しやすさの向上」を目標として、目的地まで移動する際に、複数ある移動手段をシームレスに繋ぎ、最適な方法の検索・予約・決済をスマホアプリ等の情報提供ツールで一括して行うサービスの提供を検討しています。
市内の移動手段としては、路線バス、循環バス、タクシーなどのほか、普及に努めているシェアサイクルや、今後検討していく、せまい道路に対応した『小型車両での移動サービス』など、多くの移動手段に対応するサービスを検討しています。

〇自動運転技術の導入
和光版MaaSは、皆さんの移動の自由の確保のため、多くの移動手段の維持・充実と、それを束ねるサービスの提供を内容としています。しかし、多くの移動手段を確保する場合、全国的な問題である「運転手不足」への対応が市の課題として残ります。
そこで、市では将来的な運転手不足に備えるため、国が推進する「自動運転技術」を他市に先駆けて導入する「自動運転サービス導入事業」を、国や警察、県、本田技研工業、バス事業者等と検討を進めています。

〇和光市の交通の将来像
先進的に導入する自動運転技術の普及により、循環バスや小型車両を自動運転化させ、ICTやAIなどにより効率的に管理された公共交通やシェアサイクル等の移動手段を、スマホアプリ等でシームレスに利用することにより、「移動しやすい・移動したくなるまち」を将来像として、和光版MaaSの検討導入を進めます。

問合せ:公共交通政策室公共交通政策担当
【電話】424-9135

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU