文字サイズ
自治体の皆さまへ

消費生活相談室からのお知らせ

11/18

奈良県斑鳩町

■著作権侵害!?ファイル共有ソフトの安易な使用にご注意を!!
▽事例
契約者の夫宛てにプロバイダ事業者から書面が届いた。それによると、漫画雑誌の出版社が著作権侵害に基づく損害賠償請求権の行使に必要であるため、発信者の情報開示を求めているとのことで、個人情報を伝えてよいか許可を求めているという内容だった。家族に聞くと、はっきり日時を覚えていないが、漫画をダウンロードした覚えがあるという。違法なものとは知らなかったようだ。書面によると、ファイル共有ソフトを通じて漫画をダウンロードしたことで、同時に漫画をアップロードしたことになるようだ。どうすればよいか。
▽消費者のみなさんへのアドバイス
・ファイル共有ソフトとは、インターネット上で不特定多数の人とファイルのやり取りを可能にしたソフトウェアです。
・ファイル共有ソフトの中には、自動的にファイルを送受信する仕組みのものがあります。自分が見るためだけにファイル共有ソフトを通じてファイルをダウンロードしたとしても、同時にアップロードされていることがあります。これにより、著作権者等に許可なく音楽や映画などのデータをやり取りしてしまうと、著作権法に違反するおそれがあります。
・著作権の侵害は著作権者等から損害賠償を請求されることや、刑事罰に問われることもあります。心当たりが無いにもかかわらず、発信者情報開示に係る意見照会や事業者からの文書が届いた場合は、端末の共有者にも確認しましょう。
・発信者情報開示に係る意見照会書への対応がわからない場合は、違法・有害情報相談センターでも相談を受け付けています。センターは、対応に関するアドバイスや関連の情報提供などを行う相談窓口になっています。

■困った時は相談を
消費生活相談日:毎週木曜日午後1時~4時
※第4木曜日は午前9時~正午・午後1時~4時
※月により変更の場合があります。詳しい日程は、11月号広報の相談日のページをご覧ください。

問合せ:安全安心課
【電話】内線273

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU