ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

まちの出来事 地域の行事や市政など、まちのさまざまな話題をお伝えします

19/54

長野県須坂市

◆サンタさんからプレゼント
~子育て支援センターでクリスマス会~
子育て支援センターでクリスマス会を開催し、多くの親子が参加しました。サンタさんが大きなプレゼントを背負って来てくれると、子どもたちは大喜びし、少し早いクリスマスプレゼントをもらいました。
市内から参加した30代の母親は「寸劇もあり、とても楽しいクリスマス会でした」と話していました。〔12月13日〕

◆ぺったんぺったんおもちつき
~子どもたちがもちつき体験~
地域づくり須坂未来塾が主催する恒例の「もちつき大会」が中央公民館で開かれ、家族連れなど約60人が参加しました。
昔ながらの杵(きね)と臼を使い「よいしょ、よいしょ」と威勢の良いかけ声とともにもちをつき、あんこ、きなこ、ごまをまぶして出来上がり!みんなでおいしくいただきました。参加した4歳の女の子は「もちをつく感触が楽しかった」と話していました。〔12月9日〕

◆大きく育ってね
~高甫小学校でイワナの卵を飼育~
高甫小学校では、高甫地域づくり推進委員会や高甫地域公民館の協力でイワナの卵を育て始めました。高甫地域づくり推進委員会では、子どもたちが地元の川である鮎川の自然を学ぶ「鮎川あそび」を毎年行っています。その趣旨に賛同した千曲川漁業協同組合から卵を譲り受けることになり、児童たちが育てることになりました。順調に飼育が進めば5月頃に鮎川へ放流する予定です。〔12月18日〕

◆滑る感覚が気持ち良い!
~井上小学校スケート教室~
井上小学校では毎年、1~3年生はスケート、4~6年生はスキー教室を行っています。
講師から滑走方法などの指導を受けた児童たちは、慣れない氷の上で何度も転びながらもすぐに上達。会場のMウェーブ(長野市)のリンクに、楽しそうに滑走する子どもたちの笑顔と笑い声があふれました。〔12月11日〕

◆高校生が吟詠剣詩舞を披露
今年8月に県内で初めて開かれる全国高校総合文化祭「2018信州総文祭」の吟詠剣詩舞部門のプレ大会が、メセナホールで開かれ、高校生たちが練習の成果を披露しました。本大会は8月11日(土)に同会場で開かれます。〔12月9日〕

◆第10回クリスマスレクチャーin須坂2017
女優の小山明子さん(上の写真)や花火の演出家の池端信宏さん、須坂高校出身の大学教授、永田俊さん・関野徹さんなど、多彩な講師陣が、各分野の魅力あふれる講義をし、多くの人が聞き入っていました。〔12月15日・16日〕

◆第17回信州岩波講座・高校生編
今年もメセナホールで信州岩波講座・高校生編が開催されました。フォトジャーナリストで作家の大塚敦子さんが人間と動物との関わり合いに関する講演をし、多くの高校生が真剣な眼差しで講演を聞き入っていました。〔11月27日〕

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル