ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

特集 地域づくりの源泉2

4/36

愛媛県内子町

◆人口が減っても、みんなが生き生きと暮らせるために この暮らし、なくさない――思いをカタチに、そして未来に
村並み保存運動で、美しい景観の保全や交流人口の増加などに成果を上げている石畳地区ですが、人口の減少は止められていません。地域に足りないものは地域外から借りたらいい。ふるさとを未来につなぐため、運動から事業へ――。石畳地区の新しい挑戦が始まります。

立正大学経済学部特任教授 鈴木輝隆(てるたか)さん
「住民自治とローカルデザイン力から地域経営」が研究テーマ。北海道ニセコ町や大分県由布市など、全国に地域づくりのネットワークを構築している。現在、石畳地区の「石畳小さな拠点づくり検討会」のアドバイザーをしている。

●消えない人口減少への危機感、始まった未来志向の地域づくり

○止まらない人口減少
これまでの活動の成果で、石畳地区には価値の高い農山村の生活文化が残っています。しかし他の地域と同様に、人口減少による将来の継続への危機感は消えていません。活動が始まった当時は約450人だった人口は、現在約300人に減少。2060年には99人にまで減少すると予測されています。

○未来を変える挑戦
そこで住民たちは、これまでの活動を礎に未来を創造していこうと、新たな挑戦を始めました。有志が「石畳小さな拠点づくり検討会」(以下、拠点づくり検討会)を立ち上げ『石畳つなぐプロジェクト』を作成。三世代が生き生きと暮らせる地域を目指すため、地域外から知識やスキルを借りながら人材を育成し、地域を支える経済力と必要な人口を確保しようというものです。
例えば、地域で生産しているゆずこしょうや菊炭の価値をパッケージデザインによって高めたり、石畳特産の栗を主要産業に育てるために新商品の開発をしたりするなど、地域の持っている資源に磨きをかける取り組みは、すでに成果を出し始めています。

○柔軟な共同体で未来を創造
私は石畳ほど住民一人一人の存在価値を大切にし、共同体への貢献がごく当たり前に行われている地域を知りません。これからは全国規模のネットワークを構築し、石畳の人々の営みと外部のデザイン力や販売力を持つ人をつなぐことで、より大きく柔軟な共同体を築くことが必要と考えます。起業家育成や情報発信を含めた総合的な取り組みも重要ですが、石畳地区の皆さんの熱意と忍耐があれば、揺るぎない未来を創造することは可能です。私も持てる力を出し惜しむことなく手伝います。

◆「石畳つなぐプロジェクト」と「活動報告書『其(そ)の儘(まま)』」
石畳小さな拠点づくり検討会が29年3月に作成した「石畳つなぐプロジェクト」には、栗を中心とした六次産業の創出や茶の湯炭の継承など、地域資源や伝統文化を生かして経済を創出し、地域が未来に生き残るための新たな事業を展開することを明記している。27 年度の石畳地区の活動をまとめた「其の儘」は、石畳の「風景」と「人」を特集。活動の記録や「みんなの声」や「未来予想図」を掲載し、地域の今とこれからを、そのまま伝えている。

◆Interview 女性の活躍×デザイン力女性たちの思いの結晶「ゆずこしょう」
加工部宮本美恵子(みえこ)さん(石畳8)

拠点づくり検討会の加工部では石畳地区の商品を開発しています。2年前に商品化して人気なのが「ゆずこしょう」。材料のゆずは、ゆず栽培をやめた人から分けてもらい、青唐辛子は加工部のみんなで自家栽培しています。全て無農薬です。ゆずは、皮の白い部分が入るとえぐみがでるので、緑の部分だけを使います。だから取れる材料はほんの少し。全て手作業なので、ほんと難儀して作っています。でも、その甲斐もあって「おいしい」と好評。値段は少し高いですが、喜んで買ってくれる人が多いので、うれしいです。
商品価値を高めるためのパッケージは、東京都のデザイン会社・オールライトが協力してくれました。社長の北條舞(まい)さんをはじめ、社員の皆さんがゆずこしょう作りの作業に参加して、私たちの思いを共有してくれました。おかげで自分たちでは考えられない、素敵なパッケージになりました。
最初は冗談で「ゆずこうしょうを売ってハワイに行こう」て言ってたけど、こだわりのある作り方なので大量生産は無理。今は、ちょっとでも石畳を知ってもらえるきっかけになればと、みんなで頑張っています。
地域の将来はもちろん心配だけど、大きなことは分かりません。でも石畳にはいろいろな女性がいます。アイデアを出す人、作る人、器用な人、私は口を出す人……。それぞれの特技を生かして楽しくやっているので、それが地域の幸せにつながればいいですね。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル