文字サイズ
自治体の皆さまへ

ねんきんQ and A

19/30

愛媛県内子町

■20歳になったら知っておきたい 公的年金のはなし
Q:公的年金って何ですか
A:公的年金制度とは、年老いたときやいざというときの生活を、働いている世代みんなで支えるという考えで作られた仕組みです。日本国内に住む20歳以上60歳未満の全ての人に、国民年金への加入が法律で義務付けられています。

Q:公的年金はどんなときにもらえますか
A:年を取ったときに受け取れる老齢基礎年金、病気やケガで障がいが残ったときに受け取れる障害基礎年金、家族の働き手が亡くなったときに受け取れる遺族基礎年金があります。ただし、必要な手続きを行わず、保険料を未納のまま放置すると、これらの年金が受け取れなくなる場合があります。

Q:保険料の納付方法を教えてください
A:「納付書」や「クレジットカード」で納める方法があります。「口座振替」は、手間が掛からず納付忘れを防ぐことができます。さまざまな割引制度もあるので、お勧めです。口座振替の手続きは、近くの年金事務所や金融機関でできます。

Q:保険料を払えないのですが……
A:学生は「学生納付特例制度」の申請をお勧めします。学生納付特例制度の承認を受けている期間は、保険料を納めた期間と同様に障害基礎年金の要件の対象期間になるので、万が一のときにも安心です。必ず手続きをしましょう。
※「学生納付特例制度」は老齢年金の受給資格期間に含まれますが、老齢基礎年金の額の計算の対象となる期間には含まれません。

問い合わせ:
・松山西年金事務所【電話】089-925-5105
・住民課 国民年金係【電話】0893-44-6152

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU