文字サイズ
自治体の皆さまへ

トム先生の「TOM’S TOPIC」12

12/31

鳥取県江府町

■School lunch in the UK

In 1944, at the tail end of the war in Europe, and as part of a larger drive to increase the social safety net, Britain made it compulsory for all local authorities to provide a free school meal to all children.
From the 1950’s onwards, school dinners became associated with stodgy food.
Some famous examples include “ toad in the hole” and “steak and kidney pie” ‒ usually served with gravy or baked beans. Of particular note were “school puddings”; starchy, sugar laden and high in calories, these included the likes of “spotted dick” and “treacle sponge” and where usually served with lots of custard.

In the 1980s, Margaret Thatcher’s Conservative government ended entitlement to free meals for thousands of children, and made local government open up provision of school meals to competitive tender. This was intended to reduce the cost of school me als provided by local authorities. However, it caused a major decrease in the standard of school food.

This became a major topic of debate in 2004, when chef Jamie Oliver led a campaign to improve the quality of school meals. At this time, school dinners at state schools were normally made by outside caterers. The schools sold a lot of deep-fried fast food, like chips, fried turkey nuggets, pizza, and pies. This topic also became a factor in the 2005 UK general election.

As of 2021, school dinners in the UK are usually eaten in a caf eteria with the choices usually restricted to a choice of 2 options at primary school whereas secondary schools operate on more of a buffet style system.
Each meal should include a balance of all essential food groups with a limit on the amount of fried food on offer.

■イギリスの学校給食

イギリスでは、ヨーロッパで戦争末期の1944年、社会的セーフティネットの強化の一環として、すべての地方自治体に無料の学校給食を提供することを義務づけました。
1950年代以降、学校給食には腹にもたれる食物イメージがつきまといました。有名な例としては、「トードインザホール(生地の中で焼かれたソーセージ)」や「ステーキ and キドニーパイ」などで、通常はグレイビーソースやベイクドビーンズが添えられていました。特に注目されたのは「スクールプディング」と呼ばれるもので、それらはデンプン質で砂糖を含んだ高カロリーのもので、「スポテッドディック(干しぶどう入りスエットプディング)」や「トリカルスポンジ」などがあり、カスタードがたっぷりと添えられていました。

1980年代、マーガレット・サッチャー保守党政権は、何千人もの子どもたちに無料で給食を提供する権利を廃止し、地方政府に学校給食の提供を競争入札に委ねるようにしました。これは、地方自治体が提供する学校給食のコストを削減することを目的としたものでした。しかし、その結果、学校給食の水準が大きく低下してしまったのです。

2004年、シェフのジェイミー・オリバーが学校給食の質を向上させるキャンペーンを展開したことで、この問題は大きな話題となりました。この頃、公立学校の学校給食は通常、外部のケータリング業者が作っていました。学校では、チップスやターキーナゲットなどのフライ、ピザやパイなど、揚げ物系のファストフードが多く売られていました。この話題は、2005年の英国議会総選挙の争点にもなりました。

2021年現在、英国の学校給食はカフェテリアで食べられるのが一般的で、小学校では選択肢が2つに限定されているのに対し、高校では選択肢が限られたビュッフェスタイルが主流となっています。各食事には、すべての必須食品群がバランスよく含まれていなければならず、揚げ物の量は制限されています。

◎トム先生の動画はこちらから
(広報紙15ページにQRコードを掲載しています)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU