文字サイズ
自治体の皆さまへ

まちの話題(2)

4/33

鳥取県江府町

■絶景紅葉と収穫の喜びを分かち合う1週間 秋の奥大山うまいもん祭り2022
「秋の奥大山うまいもん祭り2022」が10月29日(土)から11月6日(日)、エバーランド奥大山で開催されました。大山おこわや江府町産椎茸などをはじめとする、様々な種類の食べ物や飲み物が販売され、11月3日(木・祝)には江府町役場のブカツとして活動している「奥大山キッチンクラブ」が、地元の奥大山地美恵が販売しているジビエ肉を使ったスパイスカレーを販売しました(レシピは江府町公式チャンネルで配信中)。来場したお客さんは秋の味覚と景色を楽しみ、賑わいを見せました。

■令和4年度江府町戦没者並びに殉職者慰霊祭
「令和4年度江府町戦没者並びに殉職者慰霊祭」を10月31日(月)、江府町慰霊塔前で執り行いました。今年度も昨年度同様に、新型コロナウイルス感染防止対策のため規模を縮小し、江府町遺族会役員に代表して参列いただきました。当日は、戦争で尊い犠牲となった方々の霊を慰め、これからも平和で豊かな社会となるように、黙とうを捧げ、一人ひとり白と黄色の菊の花を手向けました。遺族会を代表し藤原成雄さんは「コロナ禍ではありますが規模を縮小しながらも全国や世界で慰霊式典が催され、亡き父が過ごしたフィリピンの地を以前に訪れた時の事を思い出しました」と述べられました。

■江府町役場で壮行会を開催 町内で自転車店経営の金澤純さんにエール
来年10月にアメリカ・ハワイで開かれる世界最高峰のトライアスロン競技「アイアンマン世界選手権」の出場権を懸けて、今年11月5日(土)にマレーシア・ランカウイ島で行われるレースに出場する、町内で自転車店を営む金澤純さんの壮行会が10月17日(月)、江府町本庁舎で開催され、集まった関係者からエールが送られました。壮行会で白石町長は「今回出場する大会で好成績を収め、世界選手権に出場してもらうことは江府町のアピールにもつながりますので、町全体で応援しています」と激励しました。金澤さんは「必ず苦しい場面が出てくると思いますが、壮行会のことや応援してくださる江府町の皆さんのことを思い出しながら、気持ちを込めてレースに挑み、胸を張って帰ってきます」と健闘を誓いました。

また、金澤さんを講師に迎えて、江府町商工会主催による「サイクリングガイド養成基礎講座(座学)」を10月26日(水)、江府町奥大山チロルの里多目的施設(JR江尾駅内)で開催しました。参加者は金澤さんから「セーフティトークのポイント(ガイドの心得)」、「サイクルルート等の作成のポイント」、「自転車の基本的な交通ルール」、「ガイド実技指導」などについて丁寧に説明を受けた後、ワークショップによる江府町を基点とした模擬走行のコースを作成しました。今回作成したコースは11月16日(水)に実際に走行し、ガイド実習をします。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU