文字サイズ
自治体の皆さまへ

-特集-地域を支えるシルバー人材(2)

2/33

鳥取県江府町

■江府町シルバー人材センター仕事の様子
江府町の福祉と活性化に寄与する「江府町シルバー人材センター」。高齢化が進む江府町において、センターへの依頼内容も多様化し、日々様々な依頼が届きます。ここからは、センターの仕事の様子について一部ご紹介します。

◯庭の木の枝が伸びてお困りなら 剪定(せんてい)
センターへの依頼数の上位を占める「剪定」。樹木などの伸びきった枝を切ると、すっきりとした景観が広がります。
・陽が入るように不要な枝を伐採
・つげをトリミングし、切った枝を集積
・[剪定前]枝が伸び陽が入りづらくなっています

・[剪定後]枝が取り除かれ、奥まで視界が広がりました
※詳細は広報紙4ページの写真をご覧ください。

◯雑草が伸びてお困りなら 草刈り
センターへの依頼数トップの「草刈り」。春から秋にかけて、草刈りは待ったなしで依頼が舞い込みます。
・丈の長い草を刈るのは大変な作業
・広い面積を手分けして草を刈る様子
・急斜面は下から草を刈ります
※詳細は広報紙5ページの写真をご覧ください。

◯依頼内容はさまざま 町からの依頼
スポーツ施設管理、文化イベント準備など町からの依頼は様々。陰で支えながら、会場を整備しています。
・町民プール管理委託業務
・文化祭パネル設置委託業務
※詳細は広報紙5ページの写真をご覧ください。

この他にも様々な仕事があります。
江府町シルバー人材センターの仕事内容については下記へお問い合わせいだたきご確認ください。

◆まちをつくる、まちがいきる
全国でシルバー人材センターは(以下センター)は、令和4年3月時点で、1,307団体(法人数)が設置されており、設置率は83パーセント。センターへ加入する会員数は68万7千人と、日本の60歳以上の高齢者の約2パーセントを占めています。会員の平均年齢は、男性は74.4歳、女性は73.7歳、全体で74.1歳となっています。
シルバー人材センター会員は、高齢者の就業を促進することにより、高齢者の活動的な生活能力を生み出すとともに、その家族や地域社会に貢献し、ひいては持続可能な社会の実現につなげています。おおむね60歳以上の健康な高齢者で、センターで就業しようとする意欲があれば、どなたでも入会できます。「地域の支え」として、ぜひお力をお貸しください。

仕事の依頼、入会案内など、詳しくは下記へお問い合わせください。

問い合わせ:
・江府町シルバー人材センター
【住所】江府町江尾2069番地
・江府町社会福祉協議会(地域支え愛センター)
【電話】0859-75-2942

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU