文字サイズ
自治体の皆さまへ

まちの話題

4/28

鳥取県江府町

■「地域の認知症予防リーダー養成講座」江府町会場にて開催
「地域の認知症予防リーダー養成講座」が3月30日(水)、役場本庁舎にて開催され、町民や職員ら計34名が参加しました。当講座は、県委託事業として「住民主体の認知症予防プログラム推進グループ・ワッショイ!」が、地域で認知症やフレイルの予防に取り組む住民主体の活動を広げることを目的として毎年開催しているもので、江府町会場では初めて開催されました。参加者からは、「自分たちのグループでも取り組めそうなものがありとても参考になった」という感想が聞かれました。

◎笑いヨガ、棒体操、音楽療法、臨床美術による予防の効果やポイントを学びました。

※フレイルとは、年をとって心や体の働きや社会的なつながりが弱くなった虚弱な状態のことを言います。

■令和4年江府町消防出初式
「令和4年江府町消防出初式」が4月9日(土)、江府町役場本庁舎で執り行われました。式典では白石町長が「日頃から住民の安心・安全のために活動されていることに深く感謝いたします」と式辞を述べ、消防活動への功績に対し各団員が表彰を受け、遠藤敏彦団長が力強く宣誓を行いました。式典終了後、江尾町中を分列行進し、船谷川で記念放水を実施しました。各表彰は以下の通りです。

◯令和4年被表彰者一覧(敬称略)
※詳細は広報紙8ページをご覧ください。

■江尾郵便局職員が国際ロマンス詐欺を未然に防ぐ
外国人を名乗り、お金をだまし取る「国際ロマンス詐欺」を未然に防いだ江尾郵便局職員2名に4月19日(火)、警察から感謝状が贈呈されました。黒坂警察署砂澤俊吾署長から感謝状を贈られたのは西村実梨さんと吉田優子さん。砂澤署長は「珍しい詐欺ですが、全国各地でも発生してます。これからも詐欺防止にむけて取り組んでいただきたい」と感謝を述べました。また、吉田さんは「警察の方からいただく情報を窓口で共有し、お客さまの話をよく聴き、これからもお客さまの大切な財産を守れるよう努力していきたいと思います」と述べられました。

■令和4年度子供の国保育園入園式
「令和4年度子供の国保育園入園式」が4月4日(月)に執り行われ、12名の新入園児と保護者が出席しました。梅林明宏園長は「新入園児のみなさん、ご入園おめでとうございます。お友達をたくさん作って、楽しく遊んでください。」と挨拶を述べられました。また、歓迎の歌として「むすんでひらいて」と「チューリップ」の歌を在園児と一緒に歌いました。また、入園式前には在園児へ新しい組のバッジが梅林園長より一人ひとり手渡されると、園児のみなさんは笑顔で受け取りました。

■義務教育学校「奥大山江府学園」日野川校舎で入校舎式
「令和4年度奥大山江府学園日野川校舎入校舎式」が4月7日(木)に執り行われました。今年4月に開校した学園の日野川校舎へ新たに入校したのは、6年生9名と7年生17名。景山敬文校長は「ようこそ日野川校舎へ。共に学び成長していきましょう。」と式辞で述べられました。また、新入校舎生を代表し、6年生の加藤亜美香さんは「自覚と誇りをもち仲間との絆を深めます。」と、7年生の澤田花菜乃さんは「勉強も運動も力いっぱい努力していきます。」と誓いの言葉を述べました。

■義務教育学校「奥大山江府学園」ブナの森校舎で入学式
「令和4年度奥大山江府学園入学式」が4月8日(金)に執り行われました。今年4月に開校した学園へ新たに入学したのは、1年生17名。新入生のみなさんは自分の名前が読み上げられると、一人ひとり大きな声で元気よく返事をしました。景山敬文校長は「1年生のみなさんご入学おめでとうございます。いっぱい遊んでいっぱい勉強してください。」と式辞で述べられました。校歌斉唱では、1年生から9年生までの児童生徒が、新たに制定された学園の校歌を力強く歌い、門出を祝しました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU