文字サイズ
自治体の皆さまへ

~立藩・命名・入府から350年の時を経て~久居誕生350年

1/23

三重県津市

久居地域の中心地区は、寛文9(1669)年に津藩主藤堂高虎公の孫・藤堂高通(たかみち)公が久居藩を立てたことに始まります。令和元年から3年にかけては、この久居藩の立藩から寛文11(1671)年の高通公入府に至るまでの3年間から数えてそれぞれ350年目に当たります。この節目に歴史・伝統の再認識をするとともに市民の皆さんが交流できる機会をつくり、次代に向けた地域の魅力向上を図るため、「久居誕生350年事業」として市民と行政が協働しさまざまな事業を実施しています。

■立藩~久居藩のはじまり~
寛文9(1669)年、津藩第2代藩主の藤堂高次(たかつぐ)公が隠居する際に長男高久(たかひさ)公を津藩第3代藩主とし、次男高通公には5万石(後に3千石を追加)を分領して支藩を立てたことが久居藩の始まりです。その後、明治維新までの約200年間、分家として津藩を支えながら安定した治世が敷かれました。

■命名~「久居」の由来~
寛文10(1670)年、高通公は雲出の平原を一望に見渡せる野辺野の高台に陣屋(藩主の館)と侍屋敷200、町屋500から成る城下町を造り、「この地に永久に鎮居したい」という意味を込めて「久居」と命名しました。

■入府~初代藩主・高通公~
寛文11(1671)年、完成した新たなまちに高通公が江戸から入城しました。正保元(1644)年に津城で誕生した高通公は教養のある文化人で、大名歌人としてその名が高く、「任口(にんこう)」という号で数多くの名句を残しました。元禄10(1697)年、満52歳で没し、寒松院(寿町)に葬られています。

□立藩~入府の3年間と久居地域の歴史・魅力について、詳しくは津市ホームページをご覧ください。漫画「久居誕生物語」も公開中!
QRコードは本紙に掲載しています。

■久居藩ゆかりの地を巡ろう!
□久居城下案内図
詳しくは本紙をご覧ください。

(1)久居八幡宮(はちまんぐう)
1670年の城下町建設の際に高通公により久居の総鎮守として建てられ、久居藩の祈願所として歴代藩主や町の人々の信仰があつかった。

(2)玉せん寺(ぎょくせんじ)
久居藩の菩提寺。本堂の屋根には久居藤堂家の家紋が付けられ、堂内には市指定文化財の初代藩主と2代藩主の木像が安置されている。
※「玉せん寺」の「せん」は環境依存文字のため、かなに置き換えています。正式表記は本紙をご覧ください。

(3)子午(とき)の鐘
1736年に造られ、時刻や火事を知らせた。太平洋戦争期の軍への供出や、伊勢湾台風での落下などを乗り越え、現在も大みそかなどに鐘つきが行われる。

(4)賢明寺(けんみょうじ)
奈良時代に建設され、織田信長の軍勢により焼失するが、江戸時代に再建。市指定文化財の朱塗りの山門をくぐると、高通公が寄進した銅灯籠が正面に建つ。

(5)高通児童公園(久居陣屋跡)
久居陣屋の跡地にある公園で、この一帯は歴代藩主が住んでいたことから「御殿山」と呼ばれる。敷地内には久居の歴史を刻んだ石碑が建ち並ぶ。

○奈良街道
美里町五百野で伊賀街道から分岐し、稲葉・戸木を経て久居城下へ入ると、旅人でにぎわう旅籠町の宿場へ。城下を抜け、新家で雲出川を渡り、松阪市中林の月本追分で伊勢街道と合流します。

○雲出井
藤堂高虎公の信頼が厚く、水利・かんがいで多くの業績を残す西島八兵衛の指揮の下開発された用水路。雲出川を取り入れ約13kmに及ぶ大工事の末に完成しました。

■久居の魅力を伝えたい!久居誕生350年事業の振り返り
□高通公園お庭番隊大作戦
クイズやゲームを楽しみながら清掃やワークショップを実施
□久居藩徹底放談会
久居藩の歴史に精通した有識者による基調講演と座談会を開催
□ウオーキングイベント
奈良街道の踏破や、高通公の入城のルートを散策
□たかみちさんスタンプラリー
久居藩ゆかりの地や各地域にある史跡を巡るスタンプラリー

■久居誕生350年記念美術展
日時:12月15日(水)~19日(日)10:00~17:00(19日は16:00まで)
場所:久居アルスプラザ
久居地域の小中学生や高校生、文化人が「久居誕生350年」をテーマに制作した作品を展示します。さまざまな分野の作品を一堂に展示し、久居誕生350年事業のフィナーレを飾ります。
内容:
・久居文化協会の各部門作品(絵画、書道、華道、写真)
・小中学生による展示「久居のいいね!がいっぱい」
・高校生部活動作品
・永久鎮居フォトコンテスト入賞作品 
・茶席
※華道の展示、茶席は18日・19日のみ

問い合わせ:久居総合支所地域振興課
【電話】255-8803【FAX】255-0960

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU