文字サイズ
自治体の皆さまへ

夏場の食中毒に気を付けましょう

3/43

東京都港区 ホームページ利用規約等

気温や湿度が高くなる梅雨から夏にかけて、食中毒の原因となる細菌が増えやすくなり、毎年食中毒が発生しています。また、夏の暑さで体の抵抗力が弱くなると、食中毒にかかりやすくなります。食中毒は家庭内でも発生しています。食品の衛生的な取り扱いを心掛けましょう。
食中毒の原因となる細菌は目に見えず、食品の中で増えても色や味、においが変化しないので、五感に頼った判断は危険です。
家庭内での食中毒防止のために、次の3原則を守りましょう。

1. つけない(清潔)
手には、見えない汚れや細菌がたくさん付いています。調理を始める前にはもちろん、調理中でもこまめに手洗いをしましょう。包丁やまな板等も、使った後はしっかり洗浄し、熱湯や塩素系漂白剤を使用して殺菌しましょう。

2. ふやさない(迅速・冷却)
温度管理が適切でないと、細菌は時間とともに増加していきます。買ってきた食品は、すぐに食べるか10度以下で保管しましょう。冷蔵庫内は整理整頓し、なるべく早く使い切りましょう。

3. やっつける(加熱)
食中毒の原因となる細菌の多くは熱に弱く、加熱調理をすることで殺菌できます。「食品の中心部を75度で1分以上の加熱」が目安です。正しく調理して美味(おい)しく食べて、暑い夏を乗り切りましょう。

問い合わせ:生活衛生課食品安全推進担当
【電話】6400-0047

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU