文字サイズ
自治体の皆さまへ

もったいない!みんなで減らそう!「食品ロス」

5/40

静岡県森町

「食品ロス」とは、本来食べられるにもかかわらず捨てられている食品です。最新(平成30年度)の食品ロス推計量は、国内で年間600万トンとなっており、国民1人当たりに換算すると、毎日約130グラム(茶碗約1杯分のご飯量相当)を廃棄している計算になります。
大切な食べ物を無駄なく食べきり、環境や家計にも優しい社会を目指しましょう!

■食品ロスはどこで発生しているの?
日本の食品ロス量年間600万トンのうち、事業系は324万トンで、主に規格外品、返品、売れ残り、食べ残しなど、家庭系からは276万トンで、主に食べ残し、手つかずの食品(直接廃棄)、皮の剥きすぎ(過剰除去)などが発生要因です。

□国内食品ロス量(平成30年度)
食品ロス量:600万トン
家庭系食品ロス:276万トン
事業系食品ロス:324万トン
出典:令和3年4月27日プレスリリース「食品ロス量(平成30年度推計値)

■家庭で食品ロスを減らすためにできることは?
「買いすぎない」…ご自宅にある食材を確認し、無駄な買い物を防ぎましょう。
「使いきる」…食材を無駄なく使用し、捨てる部分を少なくしましょう。
「食べきる」…適切な量を作り、残飯を減らしましょう。残ってしまった料理は、冷凍保存する、リメイクする等の工夫をしましょう。

『一人一人の取り組みが大事!!今すぐ実践しよう!』

お問い合わせ:役場住民生活課生活環境係
【電話】85-6314

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU