文字サイズ
自治体の皆さまへ

県立教育の今と未来(2)

9/22

千葉県

■特別支援教育のさらなる充実を目指しています
○「第3次千葉県特別支援教育推進基本計画」
この計画は県の特別支援教育の基本的な考え方と具体的な取り組みをまとめたものです。
障害の有無にかかわらず、共に認め合い、支え合い、誇りを持って生きられる社会の構築のため、「一人一人が輝く共生社会の形成に向けた特別支援教育の推進」をテーマに、5つの重点項目、25の施策、130の具体的な取り組みで構成されています。

重点項目1 障害のある子どもの学びと切れ目ない支援体制の充実
・特別支援学校と小学校・中学校などとの交流および共同学習をさらに推進するとともに、地域の人々が障害のある幼児児童生徒への理解を深める啓発活動などの取り組みを進める
・医療・保健・福祉などの関係機関とのネットワークを活用して、障害のある子どもへの早期からの教育相談・支援体制の充実を図る など

重点項目2 特別支援学校の整備と機能の充実
・特別支援学校の計画的な整備
・特別支援学校が有する多様な教育機能・支援機能の充実、多様な教育的ニーズに応える特色ある学校づくりの推進 など

重点項目3 ICT(情報通信技術)の利活用による教育の質の向上
・幼児児童生徒が最大限の力を発揮できるよう、ICTを利活用して学ぶ場面を効果的に授業に取り入れるとともに、学校の臨時休業など緊急時においても継続的に学べるように、オンライン学習システムを推進 など

重点項目4 卒業後の豊かな生活に向けた支援の充実
・学ぶことと将来とのつながりを見通し、自己のキャリア形成と関連付けて生涯にわたり学び続けていけるよう、一人一人の障害の状態に応じたキャリア発達を支援 など

重点項目5 特別支援教育に関する教員の専門性の向上
・特別支援学校教諭免許状の保有率の向上、各種研修会などの充実に努め、全ての教員の障害や特別支援教育の理解推進、専門性の向上を図る
・大学などと連携しての学生ボランティアや教職インターンシップの受け入れなどにより、これからの特別支援教育を支える人材の確保、育成に努める など

○「第3次県立特別支援学校整備計画」
現在の過密状況への対応と、今後見込まれる在籍児童生徒数増への対応を図ることとしています。国の「特別支援学校設置基準」を踏まえ、既存校も含め、各学校の状況に応じて個別に対応を検討して、教育環境の改善に努めます。

問い合わせ:県教育庁特別支援教育課
【電話】043-223-4050
千葉県の特別支援教育 検索

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU